10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

107歳の日本の双子は世界最古の双子として認定されています

日本の2人の姉妹は、それぞれ生後107日と330日でギネス世界記録に認定された双子です。

この発表は、日本の老後の祝日と同時期に行われました。

姉妹のうめの住山と五玉児玉は、1913年11月5日、西日本の松濤島で11人兄弟の3番目と4番目に生まれました。

ギネス世界記録によると、9月1日の時点で、姉妹は日本の有名な双子の姉妹、きんさんぎんさんとジンケインによって設定された107年175日の過去の記録を破っていました。

保健省によると、世界で最も急速に成長している国である日本の1億2500万人の29パーセントは65歳以上です。 それらの約86,510人は百歳以上の人です-彼らの半分は今年100歳になりました。

小玉が九州の大分でメイドとして派遣されたとき、住山と児玉は小学校を卒業した後、別れた。 彼女は後にそこで結婚し、スミヤマは彼らが育った島にとどまり、自分の家族をもうけました。

姉妹たちは後に彼らの困難な若い日々を思い出しました。 育った彼らは、日本の多くの新生児に対する差別のためにいじめが標的であると言いました。

何十年も自分の生活で忙しかった姉妹たちは、70歳になるまでめったに会いませんでした。70歳になると、88の四国寺院の1つに巡礼し始め、再会を楽しみました。

ギネスブックによると、姉妹の家族は、1990年代後半に年齢とユーモアの両方でアイドルのような地位を獲得した「キンちゃん、ジンちゃん」として愛情を込めて知られている元記録保持者をしばしば嘲笑しました。

コロナウイルスに対する対策により、現在住んでいる別の老人ホームに新規登録証明書が送られ、スミヤマは涙を浮かべて喜んで受け入れました。

DHの最新のビデオをチェックしてください:

READ  オムロクサマ寺院-ドーサ、日本