5月 20, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

13,000ドルの日産サクラEVのどこがドライバーに気に入っているのでしょうか?

13,000ドルの日産サクラEVのどこがドライバーに気に入っているのでしょうか?

日産サクラは2023年までに日本で販売されるEVの半分を占める見通し。
SOPA画像/ゲッティイメージズ

  • 日産サクラは今年日本で最も売れたEVだ。
  • ドライバーらはインサイダーに対し、この小型車は運転するのが「楽しく」、混雑した都市での運転に最適だと語った。
  • サクラは、世界から遅れをとっている日本のEV産業にとって稀有なサクセスストーリーだ。

日本で最も売れている EV は、小売価格わずか 13,000 ドルのコンパクトカーです。ドライバーは、EV の最も気に入っている点を Insider に語っていました。

情報 ブルームバーグが編集 サクラは日産自動車と三菱自動車が共同開発した電気自動車のキーカーです。 今年日本で最も売れた電気自動車2023年までに国内で販売されるEVの半分以上。

このミニチュア車は 35,099 台を販売し、国内の競争やテスラなどの有名な輸入車を上回りました。 現在、日本国外では購入できません。

日本政府は国産電気自動車購入顧客に55万円(3,600ドル)の国の補助金を提供しているため、サクラの価格は250万円(1万6,700ドル)からと日産がインサイダーに語った。 つまり、13,000ドル以上になります。

アシストステアリング、USB電源ソケット、追加のスピーカー、エアバッグなど、価格を押し上げる可能性のあるアドオンも多数あります。

コンパクトな日産サクラは、今年日本で最も売れたEVです。
SOPA画像/ゲッティイメージズ

ドライブに最適な佐倉市

東京の西郊外、東村山市に住むマイケル・ブラウンさんは、2022年型日産サクラを310万円(2万700ドル)で購入した。

以前に日産リーフを所有していたブラウンさんと妻は、東京郊外の通勤用に小型の電気自動車が欲しいと考えました。

彼らは最終的にサクラに落ち着き、11フィートの車の運転に慣れるのに少し時間がかかったとしても、これまでのところ満足している。

「最初はとても軽くて、ターン中に傾くように感じました」と彼は言いました。 「今はとても普通の気分だよ。」

「私たちは毎日車を運転するわけではありません。主に自転車に乗って、ほとんどの旅行にはバスや電車を使います。そのため、悪天候の日や食料品店に行くときに車を使います」と彼は付け加えた。

ブラウン氏は、公共交通機関が充実しているため大型車の必要性が低い日本のような国にはサクラが適していると語る。

同氏はインサイダーに対し、Sakura は 1 回の充電で 150 ~ 165 キロメートル走行でき、通常は週に 1 回充電していると語った。

日産サクラは、1回の充電で最大180km走行できます。
SOPA画像/ゲッティイメージズ

「サクラがこれほど人気が​​あるのは、この種の車がしばらくの間渇望されていたからだと思います。そして今、それが登場したので、人々はすぐにそれを手に入れています」とマイケルは語った。

「小型電気自動車は非常に安定しており、多くの人々の実際の運転ニーズに適しています。それがテスラのような大型電気自動車がここで人気がない理由だと思います」と彼は付け加えた。

「ロケットのように飛びます」

軽自動車は経済的で、日本の狭い道路も楽に移動できるため、日本で人気があります。

Redditにこの車について投稿したサクラのオーナーは、自動駐車場と日本政府からの5万5,000円(370ドル)のリベートを除くすべての利用可能なアドオンを付けて330万円(2万2,000ドル)でこの車を購入したとインサイダーに語った。

「さくらはドライブするのが楽しいよ」と彼らは言いました。 「内燃機関のキーカーよりも快適で静かです。

「立ちスタートからロケットのように飛び、実物大の車のように山や山道を登ることができる」と彼らは付け加えた。

日産サクラの内装。
リチャード A. ブルックス/ゲッティイメージズ

サクラの勝利は日本の電気自動車業界にとってまれな勝利だ。 トヨタ、ホンダ、スズキなどの有名な自動車メーカーがあるにもかかわらず、日本は他国に比べてEVへの移行が遅れています。

2022 年までに世界中で販売される自動車の 13% は電池式自動車とハイブリッド車が占めることになりますが、 日本ではわずか2%

などの企業が製造する大型輸入EV テスラ 値段が高いこともあるが、日本のこともあり、日本への進出に苦戦している 充電インフラの不足

ブラウン氏は、日本の自動車メーカーは消費者向けの幅広い電気自動車の開発に「足を引っ張っている」が、サクラの人気のおかげでそれが変わる可能性があると考えていると述べた。

「日本の自動車メーカーは長い間、電気自動車の魅力を過小評価してきたと思います」と同氏は語った。

同氏はさらに、「ここではゲイカーは常に需要があったが、長い間、家庭用の電動ゲイカーを製造、販売するための真剣な取り組みは行われてこなかった。」と続けた。

READ  死去から1年、日本は安倍首相のビジョンに近づいている