4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

157 入院中の日本の衛生用品

157 入院中の日本の衛生用品

拡大する健康不安の中心となっている日本産食品は現在、少なくとも157の病院と関係があると保健省当局者が火曜日に発表した。

この数字は、小林製薬が金曜日、紅麹(「ベニゴジ」)を含む同社の製品に関連していると発表した入院患者114人の増加を反映している。

小林の広報担当者は、詳細には触れずに最近の入院について認めた。

金曜日、小林氏はコレステロールを下げる栄養補助食品に関連した5人の死亡を調査していると述べた。

政府と同社は、サプリメントが死亡やその他の健康上の問題(主に腎臓)を引き起こしたかどうかを調査している。

小林製薬は3月22日、顧客から腎臓の異常の報告を受け、「紅ゴジ」を配合した市販薬3種類を回収すると発表した。

紅麹米とは、お米をカビの培養によって発酵させたものです。 東アジア全域で何世紀にもわたって食品、アルコール飲料、民間療法に使用されてきました。

小林氏は、工場の1つでカビによって生成される有毒な酸を発見したと主張した。

ここ数日間、政府当局者が同社の施設を検査している。

このスキャンダルは日本でも見出しを独占し、ソーシャルメディアでもトレンドトピックとなり、誤った情報の投稿や陰謀論を煽った。

小林製薬は、幅広い健康関連製品を提供する日本ではよく知られた名前です。

同社は、この紅麹米を日本の他の50社と台湾の2社に販売したと発表した。

そうした企業の中には、バラ色の靴下やサラダドレッシングなど、この成分を含む食品を予防のためにリコールしたところもある。

台湾の保健当局者らによると、台湾企業は今回の騒動を受けて紅麹米を含む154製品をリコールしたという。

台湾の70歳の女性は、小林氏のサプリメントを数年間摂取した後に腎不全を発症したと報告されている。

へー/スチュ/うわー

READ  Twitch スターの渋谷果穂が日本で発生した「恐ろしい」ストリーム スニッピング事件について説明