4月 19, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

17歳の平井瑞希が日中の日本オリンピック代表選考会ヒートで100メートルで57.23点を記録

17歳の平井瑞希が日中の日本オリンピック代表選考会ヒートで100メートルで57.23点を記録

2024年日本オリンピック代表選考会

2024年日本オリンピック代表選考会の第一次予選セッションが予定されている。 女子100メートルバタフライ、男子100メートル平泳ぎ、女子400メートル自由形、男子400メートル自由形、男子50メートル背泳ぎのヒートが行われ、すでにいくつかの速いマーカーが投げられた。

17歳 平井美月 自己ベストを大幅に更新して57.23点をマークし、女子100フライの予選通過者全員をリードした。 これまでのベストタイムは58秒03で、12月のジャパンオープンで記録した。 平井は9月の世界ジュニア選手権で58秒35で銅メダルを獲得した。 平井の予備泳ぎは、日本水泳連盟のパリ予選タイム57秒34も上回った。

池江璃花子 今朝、58秒間で57.54という立派な記録を記録した。 白血病との闘いを経てスポーツに復帰して以来の愛姫の最速タイムは、短距離選手のトレーニングにとって有望なニュースだ。 マイケルのように オーストラリアで。 合気選手は、2018年のパンパシフィック選手権で金メダルを目指す56秒08のベストタイムを記録し、この種目の日本記録保持者である。

アイクは先月オーストラリアで開催されたビクトリアン・オープン選手権に出場した。 エマ・マッケオン 50フライ(25.84)で優勝への道中。 彼はフリー50で25.51、フリー100で55.45、フライ100で58.40のタイムを記録した。 今朝の彼のタイムは、先月の100フライよりも1秒近く速い。

アイソーマ決勝戦の最有力候補の一人となる選手は57.84点で3位となった。 彼は2023年の全米選手権で57秒42のベストタイムを保持している。 相馬は9月のアジア大会で57秒57を記録し銀メダルを獲得した。

谷口だく 彼は男子100メートル平泳ぎの選手の中で最も速く、ヒート中に59秒82のタイムでフィニッシュした。 崇京大学代表の22歳は、9月に記録した59秒72で大会最速タイムを記録した。 希望の星 深沢大和 今朝は59.94秒で1時の壁を突破した。 深沢は先月の200メートル平泳ぎで2分07秒07を記録しており、今週は激戦区の一つとなるだろう。

渡辺一兵衛以前に200回ブレストの世界記録を保持していた彼は、予選タイム1:00.15で3位となり決勝に進出した。 彼はこの 100 メートルで 59 秒 52 という自己ベストタイムを持っていますが、これまでのキャリアで 200 回以上のランを重ねてきました。 花倉優2023年の国内選手権の銀メダリストは、1分00秒27で壁にぶつかった。

若御堀 彼女は女子400回フリーヒートで4分08秒72のタイムで1位となった。 自宅でのベストタイムは東京五輪の4分05秒57だった。 4:10の壁を突破した唯一の競技者 難波みう彼は4分09秒46で壁に手をついた。 難波も小堀と同様に4:05.25の自己ベストを持っており、以前は4:05王国で泳いだこともある。 オリンピック出場権に必要なタイムは4:05.34なので、今夜は二人とも自己ベストに挑戦するはずだ。

メンズ400の無料ページでは、 大崎健太 3分50秒33の好タイムで存在感を示したが、 西川亜咲希 (3:50.41) と 柄本一樹 (3:50.55) しっかりと続きます。 日本のオリンピック基準が3分45秒85なので、今夜は全員が大幅にタイムを縮めるはずだ。

男子50バックアクションでは19人の選手が26秒台を突破した。 松山陸 25.12で全予選トップ。 松山は先日、100背泳ぎでレジェンドを超える自己ベストタイム(53秒84)を樹立した。 入江陵介 最近の北島康介杯では。 36歳の日本記録保持者、 ジュンヤ・コカ (25.64)と午前中4番目のタイムで泳ぎました。

女子100メートルフライと男子100メートルブレストの準決勝は後日行われ、400メートルの決勝は数時間後に行われる。 日本水泳連盟がストレートヒートを決勝に進めることを選択したため、50人制には準決勝は存在しない。

READ  100円チェーン「ダイソー」創業者の億万長者、矢野博丈氏が80歳で死去