4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2024年オリンピック日本代表キャプテンに水沼選手と松本選手が内定

2024年オリンピック日本代表キャプテンに水沼選手と松本選手が内定

日本水泳連盟(JASF)が今夏のオリンピックに向けた27人の強力なラインナップを発表した後、同協会は2人の選手をチームキャプテンと副キャプテンに指名した。

水沼直樹 サポートを受けてパリのチーフアスリートとなる 松本勝弘

先週末閉幕したオリンピック日本代表選考会の男子100メートルバタフライでは、水沼と松本が1-2でフィニッシュした。

27歳の松本が50秒96を記録し、27歳の水沼が51秒23で僅差で続いた。 どちらもパリ出場資格に必要なJASF規定のテスト基準51.43点に合格した。

水泳チームのリーダー 梅原隆之 2人については「2人とも経験豊富。 私たちが彼らを推薦したのは、彼らには物事をまとめる能力があると判断したからです。

パリ大会は両選手にとって2度目のオリンピック出場となり、それぞれがキャリアの中で世界選手権のメダルを獲得している。

水沼は2022年ブダペスト大会のフリー100メートルで銀メダル、松本は2019年光州世界選手権のフリー200メートルで銀メダルを獲得した。

昨年のアジア大会男子メドレーリレーで銅メダルを獲得した日本のメンバーである水沼選手が銅メダルを獲得し、男子100メートルフライでは松本選手が表彰台に上った。

水沼選手はキャプテンに指名されたことについて「代表チームのキャプテンは初めてです。

「若い選手が多いので、コミュニケーションをしっかりとっていきたい。みんなが気持ち良く過ごせるチームを作っていけたらと思います。」 (デイリージャパン)

パリ大会の日本人選手名簿には合計13人の水泳選手が初オリンピック選手となる。 花倉優 そして 三井湖

水泳選手3名は17歳 成田美緒、村佐達也 そして 平井美月さん。

READ  日本のPE市場は世界的な衰退の中でも回復力を示す | 代替案