7月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2024年フランス総選挙:マクロン氏、アタル首相の辞任を拒否

2024年フランス総選挙:マクロン氏、アタル首相の辞任を拒否

パリ(AP通信) – フランスのエマニュエル・マクロン大統領は月曜日、無秩序な選挙結果により政府が不確実な状態に陥ったことを受けて、同国首相の辞任を拒否し、政府首脳として一時的に留任するよう要請した。

フランス議会は左派、中道派、極右派に分裂し、政権樹立に必要な過半数に近い派閥すら存在しなかった。 日曜日の投票結果により、欧州連合第2位の経済大国が麻痺するリスクが高まった。

マクロン氏はそれに賭けた 早期選挙実施の決定 この決定はフランスに「明確化の瞬間」を与えるはずだったが、選挙開始まで3週間を切った時点で結果はその逆を示した。 パリオリンピックその国が国際的な注目を浴びたとき。

フランス株式市場は寄り付きで下落したが、市場が極右または左派連合による完全な勝利を恐れたためか、すぐに回復した。


ガブリエル・アタル首相は必要に応じて首相に留任すると述べていたが、月曜朝に辞表を提出した。 わずか7カ月前に同氏を任命したマクロン氏は、直ちに「国の安定を確保するため」同氏に留任するよう要請した。 大統領官邸でのアタル氏との会談にはマクロン氏の有力政治同盟者らも参加したが、会談は約90分で終了した。

アタル氏は日曜、解散総選挙を実施するというマクロン氏の決定に同意しないことを明らかにした。 2回の投票結果では、1位となった左派連合やマクロン氏の中道派・極右連合の政権樹立に向けた明確な道筋は残されていなかった。

50か国以上が2024年の投票に向かう

新人議員と復帰議員が国会に集まり、交渉が本格化する見通しだ。 マクロン氏自身は閣僚会合に出席するため週半ばに出発する予定だ。 ワシントンでのNATO首脳会議

政治的行き詰まりは広範囲に影響を与える可能性があります… ウクライナの戦争しかし、それにもかかわらず、少なくとも一人の指導者は、結果は安堵したと述べた。

「パリには熱狂があり、モスクワには失望があり、キエフには安堵感がある。ワルシャワでは幸せで十分だ」と欧州連合評議会議長を務めたポーランドのドナルド・トゥスク首相は日曜日遅くに書いた。 Xのウェブサイト。

月曜日早朝に発表された公式結果によると、主要3ブロックは、フランスの2つの立法院のうち強い方である577議席の国民議会を支配するために必要な289議席を獲得できなかった。

その結果、左派新人民戦線連合が180議席以上を獲得し、マクロン氏の中道連合が160議席以上を獲得したことが示された。 マリーヌ・ルペン氏とその同盟者が率いる極右国民集会の議席は3位に限られたが、同党のこれまでの最高成績である2022年の89議席にはまだ140議席以上の差がある。

マクロン氏の大統領任期は残り3年となっている。

何百万人ものフランス人は、マクロン氏が望んでいたようにマクロン氏の周りに結集するのではなく、この投票をインフレ、犯罪、移民、その他の不正義(彼の統治スタイルを含む)に対する怒りを表明する機会とみなした。

新しい人民戦線指導者らは直ちにマクロンに対し、政権樹立と首相提案の最初の機会を与えるよう要請した。 同派は、マクロン大統領の主要な改革のいくつかを後退させ、高額な公共支出プログラムに着手し、… イスラエルはハマスとの戦争のためにしかし、中核となる同盟国を怒らせることなく誰が政府を率いることができるかは、左派の間でも明らかではない。

左派連立に参加し、月曜日に獲得議席数を決定しようとしている社会党のオリビエ・フォーレ党首は、「我々にはコンセンサスを提供してくれる人物が必要だ」と語った。

マクロン氏は、富裕税や高所得者の賃金引き上げを一部財源とする数百億ユーロの公共支出を含む左翼経済計画は、すでに債務問題でEU監視機関から批判されているフランスにとって壊滅的な打撃となる可能性があると警告した。 。

現代のフランスにとってハング・パーラメントは未知のことであり、これに対して多くの人が安堵と懸念が入り混じった反応を示している。

パリの法務秘書、ナディーヌ・デュボワさん(60)は「世論調査員やマスコミの報道を聞いてとても不安になっていたので、とても安心した」と述べ、「期待も大きい。どうなるのか」と語った。彼らはこの国をどう統治するつもりですか?」

国民集会を阻止するという左派と中道派の間の政治的合意はおおむね成功した。 多くの有権者は、極右を政権から締め出すことが何よりも重要だと判断し、たとえ普段支持する政党の陣営に属していなかったとしても、決選投票では反対派を支持した。

極右支持者のリュック・デュモン氏(66)は「残念だ、残念だ」と述べ、「ここ数年、我々はより良​​い成果を上げてきたので、我々の進歩を見てうれしく思う」と語った。

2027年のフランス大統領選に4度目の出馬が見込まれている国民集会の党首マリーヌ・ルペン氏は、今回の選挙が「明日の勝利」の基礎を築いたと語った。

人種差別と反ユダヤ主義も選挙キャンペーンを台無しにした ロシアの偽情報キャンペーン50人以上の候補者が身体的攻撃を受けたと報告したが、これはフランスでは極めて異例のことだ。

連立政権に慣れている他の欧州諸国とは対照的に、フランスは通常、対立する政治陣営の議員を組み合わせて過半数を形成することはない。 また、フランスは他の多くのヨーロッパ諸国に比べて中央集権化が進んでおり、多くの決定がパリで行われています。

___

パリ在住のAP通信記者ジョン・レスター、ダイアン・ガンテ、ニコラス・ガリガがこの報告書に寄稿した。

___

AP の世界的な選挙報道をフォローしてください。 https://apnews.com/hub/global-elections/