7月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2024 年フランス選挙: フランスの有権者は歴史的な決選投票に投票

2024 年フランス選挙: フランスの有権者は歴史的な決選投票に投票

パリ(AP通信) – フランスで日曜日に投票が始まり、マリーヌ・ルペン氏に歴史的な勝利をもたらす可能性がある決定的な決選投票が行われた。 極右の国民集会 そして、その内向きの反移民ビジョンは、議会の機能停止と政治的行き詰まりを生み出します。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、6月9日の欧州選挙で中道派が敗北したことを受け、議会を解散し選挙を実施するという大きなリスクを負った。

この核武装国における早期選挙は影響を与えるだろう… ウクライナの戦争これらの政策は世界外交と欧州経済の安定を損なうものであり、残り3年間のマクロン大統領の任期をほぼ確実に損なうことになるだろう。

6月30日の第1回投票では、マリーヌ・ルペン氏の国粋主義者で反移民を掲げる国民集会が史上最大の勝利を収めた。

4,900万人強がこの選挙に有権登録しており、この選挙により、フランスの影響力のある下院、定数577の国民議会をどの政党が支配し、誰が首相になるかが決まる。 マクロン氏の弱体な中道派多数派への支持が失われれば、同氏の親企業政策や親EU政策の大半に反対する政党と権力を共有せざるを得なくなるだろう。

パリの投票所に集まった有権者は、フランスだけでなく国外にも広範な影響をもたらすことを痛感していた。

広告業界で働く45歳の有権者トーマス・バートランド氏は、「個人の自由、寛容、他者への敬意が今日危機に瀕している」と語った。

50か国以上が2024年の投票に向かう

人種差別と反ユダヤ主義 彼らは選挙運動を台無しにした上に、 ロシアのサイバー攻撃50人以上の候補者も身体的攻撃を受けたが、これはフランスでは極めて異例のことだ。 政府は投票日に3万人の警察を配備する。

フランスが特別な夏を祝う中、緊張が高まる:パリは並外れた野心的なイベント開催の準備を進めている オリンピック競技サッカー代表チームが到着しました ユーロ2024準決勝 チャンピオンシップ、そして フランスツアー 彼はオリンピックの聖火を担いで全国を走り回ります。

フランス内務省によると、現地時間正午までに投票率は26.63%に達し、先週日曜日の第1回投票で同時刻に報告された25.90%をわずかに上回った。

第1回投票では約67%の投票率が1997年以来最高となり、30年近くに渡って有権者の間で議会選挙、そしてますます多くのフランス国民の間で増大していた政治全般に対する無関心に終止符を打った。

マクロン氏は妻のブリジットさんを伴い、海岸沿いのリゾート地ラ・トゥケで投票した。 ガブリエル・アタル 投票はこれに先立ち、パリ郊外のヴァンブで行われた。

ルペン氏は、先週議席を獲得した後、フランス北部の彼女の地域では第2回投票が行われないため投票しない。 フランス全土では、国民結集党の39名、左派新人民戦線連合の32名を含む76名の候補者が第1回投票で議席を獲得した。 マクロン氏の中道リストの中から2人の候補者も第1回投票で議席を獲得した。

選挙はフランスとコルシカ島で日曜夜8時(グリニッジ標準時18時)に終了する。 世論調査の最初の予測は日曜夜に発表され、暫定的な公式結果は日曜遅くから月曜朝に発表される予定だ。

アメリカ大陸とサンピエール・エ・ミクロン、サン・バルテルミー、サン・マルタン、グアドループ、マルティニーク、ガイアナ、フランス領ポリネシアのフランス海外領土に居住する有権者が土曜日に投票した。

この選挙で国民集会が絶対多数を獲得し、28歳の党首が勝利すれば、第二次世界大戦でのナチスの占領以来、フランスで初の極右政権の樹立につながる可能性がある。 ジョーダン・バルデラ 彼は首相になります。 同党は先週の第1回投票でトップとなり、中道左派、強左派、緑の党の連合、マクロン氏の中道連合が続いた。

45歳の企業幹部ピエール・ルペン氏は、今回の選挙で効果的な政府が誕生するかどうかについて懸念を表明した。

ルペン氏は「これはわれわれにとって懸念すべきことだ」とし、「技術政権となるのか、それとも異なる政治勢力からなる連立政権となるのか」と語った。

結果は依然として非常に不確実である両ラウンド間の世論調査によると、国民集会は577議席を含む国会で最大の議席を獲得する可能性があるが、過半数を達成するために必要な289議席は獲得できないだろう。 外国人排斥やホロコースト軽視と歴史的につながりがあり、長年のけ者とみなされてきた政党がフランス最大の政治勢力になれば歴史に残ることになるだろう。

マクロン氏が過半数を獲得すれば、フランスでは「共存」として知られる気まずい取り決めで、大統領の内外政策に強く反対する首相と権力を共有することを余儀なくされる。

もう一つの可能​​性は、どの政党も過半数を獲得できず、ハングパーラメントにつながる可能性です。 このためマクロン氏は中道左派との連立交渉を模索するか、どの政党にも属さないテクノクラート政権を任命する可能性がある。

何が起ころうとも、マクロン氏の中道派は権力を共有しなければならないだろう。 同氏の連立候補者の多くは第1回投票で敗退するか撤退したため、同氏が初めて大統領に選出された2017年に達成した過半数、あるいは2022年の議会投票で獲得した過半数に達するのに十分な候補者がいないことを意味している。

どちらも現代のフランスにとっては前例のないことであり、EU第2位の経済大国がウクライナへの武器供与や労働法の改革、巨額の財政赤字削減などについて大胆な決断を下すことが困難になるだろう。 2012年議会選挙で国民集会がフランス最大の議席を獲得したことを受け、6月にマクロン氏が早期選挙の発表で最も近い同盟国さえも驚かせて以来、金融市場は神経質になっている。 欧州議会選挙

フェルナンド・ヴェローソ氏は、パリ東部のサン・マルタン運河岸の椅子に座り、国民は政府が分裂する可能性に困惑していると語った。

67歳の退職者は「混乱を招くだろう。マクロン氏が政権を維持したまま、共存政権で適切に統治できるだろうか。それは難しい」と語った。

「緊張が高まっており、これは非常に憂慮すべきことだ」とヴェローゾ氏は付け加えた。

何が起ころうともマクロン氏は辞任せず、任期が終わる2027年まで大統領の座に留まると述べた。

多くのフランスの有権者、特に小さな町や田舎の人々は、低所得と、エリート主義的で労働者の日々の闘いに無関心と見なされているパリの政治指導部に不満を抱いている。 国民集会は、しばしばフランスの問題の原因を移民のせいにすることでこうした有権者に訴え、過去10年間にわたって幅広く深い支持を築いてきた。

ルペン氏は、党をより選挙に適したものにすることを目的として、党の立場の多くを軟化させた。彼女はもはやNATOや欧州連合からの離脱を求めていない。 しかし、党の中核となる極右の価値観は依然として残っている。 同氏は、フランスで生まれただけで市民権を取得し、二重国籍者の権利を制限し、警察に武器使用の自由を与えるのに十分であるかどうかについて国民投票を実施したいと考えている。

一か八かの選挙で結果が不透明になる中、55歳の法律専門家ヴァレリー・デュードマン氏は、フランスの将来について悲観的だと語った。

「何が起ころうとも、今回の選挙は国民のあらゆる面で不満を残すことになると思う」とデュードマン氏は語った。

___

ソークはこのレポートをフランスのニースから送ってきました。 パリ在住のAP通信記者アレックス・ターンブル氏がこの報告書に寄稿した。

___

AP の世界的な選挙報道をフォローしてください。 https://apnews.com/hub/global-elections/

READ  日本は極東から航行する4つのロシアの水陸両用輸送車を発見しました