5月 17, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

26日本のクルーズ船に行方不明、悲劇の後で北海道に電話

東京(ロイター)-日本の沿岸警備隊が土曜日の早い時間に北海道の北日本の島の海岸から沈むためにボートを要求した後、観光船に乗っている少なくとも26人が行方不明になりました。

北海道東海岸沖のシルドコ半島付近で、客船が船を30度傾けるよう求めた後、沿岸警備隊が救助艇と飛行機を派遣した。

NHKの公共放送によると、最初の救助要請は午後1時15分にカズ1から来た。 チームは、北海道の沿岸警備隊の地域ユニットであるNHKに、ボートが水を飲んでいると語った。 最後の電話は午後3時に会社に来ました。

日本の国土交通大臣の斉藤鉄夫氏は土曜日遅くに記者団に、沿岸警備隊のボートが午後4時30分頃に現場に到着し、まだ生存者を発見していないと語った。

彼は、2人の子供を含む24人の乗客が船長と甲板役員と一緒に乗っていたと言いました。 齋藤は言った。 誰もがライフジャケットを着ていたと信じられていると彼は言った。

NHKによると、沿岸警備隊は5隻の巡視船と2機の航空機を荒風の中で有名なカシュニ滝のエリアに送りました。最初の呼び出しが来たときにボートはそこにあり、岩は海の下に消えました。 公共放送は土曜日に10フィートの高波について警告されたと言った。

クルーズ船のオーナーである知床プレジャークルーザーに電話で土曜日の夜に返答したある人は、「最初に家族と話すことが優先されるべきである」ため、質問に答えることができなかったと述べた。

知床プレジャークルーザーのウェブサイトでは、知床国立公園の3時間のツアーを宣伝しており、訪問者はカシュニの滝やヒグマ、ワシ、イルカ、クジラを見ることができます。 「これは実際には探索されておらず、ボートでしか行けないエリアです」と観光客の説明は述べています。

NHKは、岸田文雄首相が会議に出席した熊本から早く東京に戻っていたと報告している。

飛騨ひかり 寄稿レポート。

READ  エヴランデ感染の恐れが後退するにつれて、オーストラリア人が登ります