7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

3つのブランドが初のマシンに集結

3つのブランドが初のマシンに集結

日本は常に電気モビリティの分野でリーダーであり、トヨタのようなブランドが後から来たものの先駆者となっている(はい、テスラも後者の1つです)。 しかし、彼らは再定義し、専門家に衝撃を与えました EV そして新しいカテゴリを作成しました。これら 3 つのブランドが協力して、私たちが知っているすべてを変える最初のエンジンを作成しました。

日本がEV業界を再定義するために3つの伝説的なブランドを「合併」

その結果、スバル、トヨタ、マツダはこのほど、ハイブリッド車用の新しい内燃機関を共同開発すると発表した。 カーボンニュートラルを完了するまでの最大効率

新しいエンジンは間違いなくより効率的で強力ですが、サイズの縮小またはコンパクト化は重要です。 変化の規模には大規模な構造改革が伴う可能性があります。 これにより、フードをより低く設計できるため、空力性能が向上し、燃費が向上します。

両社は共通のモーターを強化するのではなく、独自の独自の「発電所」を持つことを目指します。 トヨタは新しい直列4気筒エンジンを徐々に開発しており、マツダはロータリーエンジンや スバルの水平対向ボクサーエンジン

このようなアプローチを採用することで、排出削減という共通の目標を推進しながら、各ブランドが独自のイメージを維持および発展させることができます。 最近米国で見られたように、低炭素燃料を開発することも目的としている。

日本はEVで何をするつもりですか? あなたが知っている電気自動車にさようなら

新世代エンジンのユニークな機能の 1 つは、電気駆動ユニットとの互換性です。 企業はこれらのエンジンを微調整する傾向があります モーター、バッテリー、その他の電気駆動ユニットを同期します

これらの統合により、性能と効率の点で車両の特性がさらに向上します。 スバル、トヨタ、マツダの自動車3社の有益な関係は、自動車3社がエンジンを設計し続けるという「競争と協力」ともいえる。

もうご想像のとおり、 彼らは米国のEV産業と中国を乗っ取りたいと考えている。 BYD や Xiaomi などの低価格ブランドは、製造中にゼロエミッションを引き起こさず、逆に運動の脱炭素化において深刻な問題を引き起こしています。

日本は未来の自動車についてだけ考えているわけではありません。 新しい燃料もあります 開発されます

それだけでは十分ではないかのように、彼らは新しいエンジン(各ブランドが独自のものを持っている)を開発するだけでなく、EVに燃料を供給することも考えている。 添付されます 彼らと一緒に。 それらが何であるか知っていますか? 科学者に衝撃を与えたプロジェクトでそれらを見てきましたが、ここでそれらを確認してみます。

  • 水素 驚異的な熱効率を持ち、再生可能エネルギー源から得ることができます(もちろん、原子力も含め、ほぼすべてのものはこの条件に該当しません)。
  • アンモニア: 船舶で伝統的に使用されてきたグリーンアンモニアは、排出量が 90% 削減され、将来の自動車の原料となる可能性があります。
  • メタノールメタンは誘導体であり、自動車や EV の熱と燃焼の間で中性となる高汚染ガスです。

そのような動きはどのような結果をもたらすと思いますか? EV 道路に革命を起こすために日本から出てくると、もはやトヨタだけがテスラと競合するわけではなくなる。 中国でBYDやXiaomiなどのブランドの影響力が増大していることや、グリーンアンモニアを栽培しているマレーシアも加えなければなりません。 なぜアジアの競争相手と言うのか理解できましたか?

READ  日本の3億円強盗事件は半世紀以上未解決のまま