11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

3人の国際ライダーが日曜日に600万ドルの日本トロフィーを獲得-競馬ニュース



今週の11月28日(日)、東京競馬場では1年生のジャパンカップが開催されます。このカップは、日本の馬と騎手を現在の国際競争の頂点に引き上げる上で重要な役割を果たします。 600万米ドル以上の6億4800万円が押収される。

日本の馬は過去15年間、征服者の輪を独占しており、外国の乱暴者の参加は減少しているが(昨年はたった1頭で、2019年には1頭もなかった)、日本の支配は数学を必要としない。 日本はレースで最高をもたらし、今年も例外ではありません。

2,400メートル(約1.5マイル)の芝イベントの41回目の走行で、18人の日本人ランナーが15バースにノミネートされました。 その中には6人のGrade1受賞者がおり、2020 Triple Crown ChampionContrilは日本の上位10位入賞者のリストに加わる予定です。

2年前とは異なり、今年の日本はデフォルトで勝利することはありません。 優勝者全員である3人の外国人選手が、優勝者の賞金を請求​​しようとして上陸しました。 そのうちの2つ(日本とほうき)は、エイダン・オブライエンの納屋に属しています。 グランドグローリーは、フランスのジャンルカ・ピトリーニ監督によって守られました。 トリオは11月19日に日本に到着しました。

英国で育った5歳のオリンピックグローリー牝馬であるグランドグローリーは、今年7月にグレード3のグランプリ・ド・ヴィシーを獲得し、G1ブリックスジャンロマナトの勝利に続いて、10ハロン以上を独占的にレースしました。 8月の鳩。 最後に、10月3日、彼はロンシャンのブリックス・ド・ロペラでジャッキー・フランキー・テットーリの下で2位でフィニッシュしました。 今年の夏にマリンの2ヒットに乗ったジャッキークリスチャンデムロは、日曜日に彼のパートナーになります。

ほうきと日本はどちらも日本のつながりを共有しており、ブリーダーズカップターフは11月6日に出走しませんでした。 ほうきはハーフタイムで勝利を逃し、日本は4位でフィニッシュした。 今年の初め、7月にブルームはサンクルー大賞の1年生のタイトルを獲得し、その月の後半にはアスコットのジョージ6世とエリザベスストークス女王で4位に終わりました。 9月、彼は以前にユタカ・タグと組んで11日に失望したフランキー・テットーリの下でブリックス・フォイをチリンと鳴らさなかった。 今回はライアン・ムーアをサドルに乗せます。

日本は7月にレオパーズタウンで1,800メートルを超えるG3を獲得し、米国への3回の旅行で、2,400メートルを超えて2-6-4を記録しました。 彼はジャパンカップユタタグインサッドで4回優勝しています。

左利きの東京競馬場は、馬がまっすぐに曲がった直後に上向きに傾き始める広い曲がり角と無限のホームストレッチで知られています。 ジャパンカップはCコースで開催されます。Cコースは、内線から6メートル移動し、25〜35メートルの距離で測定されます。 同じトレイルは2,120メートルを超え、東京の2,400メートルの長さの山脈の頂上にあるグランドスタンドの前から始まります。

馬は57kgを運び、2kgの雄と3歳の子牛に手当が与えられます。 今年5月に東京で優駿琳馬(ジャパニーズオークス)を2,400メートル以上倒したウベルレーベンは、2kgを追加で運ぶ唯一の3歳であるため、今年5月に4kgの手当を受け取る。

グレード1のイベントは通常、ジャパンカップ後の午後3時40分に行われますが、ジャパンカップは日曜日の12回目の最終レースになることに注意してください。

###

ここに日本チームのハイライトがいくつかあります。

Contrail:Sir Deep Impactの足跡をたどって、Contrailは2020年の3年前のクラシックを破り、日本で8番目のトリプルクラウンの勝者になりました。 アーモンドが昨年のジャパンカップで優勝したことでサークルからノックアウトされたのは初めての第8レース。 彼は次の2試合に勝つことができませんでしたが、それでも3位にそれほど遅れていません。 ジャパンカップは昨年のジャパンカップ以来3回目のレースです。 翌年の4月、初めて荒れた地面に立ち、大阪高で2000メートル1年生を3位につけた李パペルに5レングス近く走った。 その後、彼は天王ショー(秋)でエフォリアの後ろの2番目の1レングスに戻りました。 ゴールドの引退は10月初旬に発表され、ジャパンカップ後の最終戦として確認された。 ヤハキヨシドコーチは、日本が2回の勝利を収めた後、ブリーダーズカップで優勝するのを支援する現在の2番目のコーチです。 ヤホキは今年、自宅でまだ1年生を獲得しておらず、ジャパンカップもまだ優勝していません。 別れが来ると、彼は最後の1つまたは2つのタスクを実行します。 「その時、それは単に私たちの気づきになりました。 もちろん、悲しい。 先日、ブリーダーズカップに挑戦しましたが、それで物事が楽になりました。 でも今回は結果を探していると同時に、必ず彼が終わらせることを確信しなければなりませんでした。 そしてそれは私を非常に緊張させます。 クールヘッドジョッキーの福中雄一は、緊張しているかどうかにかかわらず、八幡の側にいます。 福中はまだジャパンカップで優勝していませんが、今年はこれまでに3つのグレード1を獲得しています。 誰かができれば、これまでコルト10レースの1つを除いてすべてに乗った福中は、コントレイルを無事に家に持ち帰り、勝者になることができます。

Shahriar:これまでのところ、ファイブは始まったばかりで、Deep Impactの3歳のShahriarは、今春、東京優駿(日本のダービー)でエフォリアを鼻で打ち、秋のキャンペーンで4位に終わりました。 2年生の神戸新聞杯はスキヨで2,200メートル以上あり、東京と同じように左にレースが走っています。 雨の中、ずさんなコースで優勝者の5レングスを終え、ライダーの福永祐一はロバの反応が遅く、雨と悪が彼のベストレースを阻んだと語った。 ジャパンカップはシャーリアーの3回目のスタートです。 日本のダービーの前に、彼は2月に東京で1800メートル以上のグレード3京都ニュースハイ(東京優駿)の勝者であるエフォリアのために3位になりました。 福中がジャパンカップで飛行機雲を支配する中、彼はシャーリアーに乗る予定です。シャリアーは、かつてゴールドに乗ったジャッキー・ユカ・カワダが阪神でG3を獲得しました。 再びダービーの成功の現場で、シャーリアーはジャパンカップで優勝する8番目の3歳の少年になろうとし、エルコンドルパシャ(1998)とアーモンドアイ(2018)の両方を上回りました。 より短い寿命でのレースの進歩。

パワー:11月7日、骨折から6か月後に4歳の選手が争いから復帰し、東京は2年生のコパ共和国2,500メートルを21/2連続でアルゼンチンに2連勝しました。 。 3,400メートルと3,200メートルでの2回の春の走行に続き、今年は3回のスタートで彼の最初の勝利であり、グレード3のダイヤモンドステークスで2位に終わったが、グレード1の天王ショー(春)では悪い10位で終わった。 しかし、東京では、三冠王の優勝者であるオルフェーブルの長男である1-1-2-1の記録を楽しみ、美穂基地にどんどん近づいていきました。 レースの合間には時間が経ちましたが、木村哲也監督の助手である大田悠は、カブは元気だと言います。 「彼はレースから上手く出て、彼はつま先に立っている。一週間の休暇の後、彼はいつものルーチンに戻った。

アリストテレス:2014年にジャパンカップで優勝したエピファニー出身の4歳の少年アリストテレスは、トリプルクラウンファイナル菊香ショー(日本の聖ラゴス)で、京都を3,000メートル以上走りました。 飛行機雲が彼の首を殴った。 彼は今年、中山2,200メートルに対する2年生のアメリカジョッキークラブカップの勝利で始まり、次の3つ、最近の2つの1年生7-4-9を記録しました。 彼は10月10日にジャッキーミルコテムロの下で京都デイジートン2年生の前途有望な2位で戻ってきました。 リトを拠点とするアリストテレスが東京で開催されるのは今回が2回目です。 彼の最初の走行は、昨年5月に2,000メートルを超えてリストされたレースの主力で6位で終了しましたが、今回は余分な距離を追加する必要がありました。 ゴールドはこれまでの14回のスタートで5人の異なるライダーがいますが、今回は、今年すでに3つのグレード1を獲得している若いスターの横山武が新たな顔を出すことが期待されています。

その他の見どころ:

今年初めにグレード3の会社で2回の強烈なシュートを放ち、東京は10月2日に1,800メートルを超える距離になります。 Shadow Divaは、16のアイルランドトロフィー府中牝馬ステークスを獲得してから2か月後に戻ってきました。 ジャパンカップを超えて2度目のスタートですが、東京は5回のうち1回を除いて2,000回を超えてトップ3に入っています。 適切な旅行で、ハーツクライは5歳の子供を驚かせるかもしれません。

2001年にジャパンカップで優勝した6歳のジャングルポケットのサンレイポケットは、もう1人の潜在的なランナーです。 10月10日に2年生のミニチェンおかんで6位に戻った後、彼は強力なプッシュで月を終え、天王ショー(秋)で4位に終わった。 彼はトラックワークが得意で、距離を伸ばすことは大歓迎です。

READ  雨が南海岸を襲い続けているため、日本では500万人が避難命令を受けています