4月 19, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

4日目決勝戦のライブ概要

4日目決勝戦のライブ概要

2024 Pac-12 男子選手権

2024年Pac-12男子チャンピオンシップの最終セッションが間もなくここでフェデラルスタイルで始まる。 全力のカリフォルニアチームがいなかったとしても、今週は素晴らしいレース週間でした。 私たちは NCAA の記録、Pac-12 の記録、そしてかなりの数の Pac-12 トーナメントの記録を見てきました。 今夜はいくつかのチャンピオンシップ記録が消去される可能性があるため、素晴らしい最終セッションとなるはずだ。

チーム成績(3日目以降)

  1. アリゾナ – 725
  2. スタンフォード – 505.5
  3. Cal-406
  4. アリゾナ – 372
  5. USC – 288.5
  6. ユタ州 – 167

アリゾナ州立大学は会議がありますが、閉鎖されています。 今夜のすべてのレースで DQ を獲得できなかったと仮定すると、彼らは 2 年連続で最後の Pac-12 タイトルを獲得することになります。 スタンフォード大学はしっかりと2位に位置しており、今朝のパフォーマンスに基づくと、アリゾナ州のカルが3位に入るのは安全なようだ。

今夜のセッションは最速ヒートの1650自由形から始まり、その後200背泳ぎ、100自由形、200平泳ぎ、200フライの決勝が行われる。 コースの最後は400メートル自由形リレーレースです。

今夜の200メートルは素晴らしいレースになるはずだ。 アリゾナ州立大学のヒューバート・クスが登場し、1分36秒54という今シーズンのNCAA最速タイムを記録している。 しかし、今朝のタイムはわずか 1:39.05 でした。今週のクスは非常によく泳いでいるので、今夜にはタイムを取り戻すことができるでしょう。つまり、1:36.94 という Pac-12 チャンピオンシップ記録も樹立するはずです。 。 ASUのチームメイトであるオーウェン・マクドナルドは今朝大泳ぎをし、1分38秒49のタイムで1位となった。

200メートル平泳ぎも素晴らしいレースになるはずだ。 アリゾナ州 レオン・マルシャン 今朝の彼は1:52.22のタイムで3位だったが、今週のすべてのレースで予選から決勝まで劇的に順位を落としているのを見てきたので、今夜彼が勝つことを疑う理由はない。 マーチャンドは1:46.91のタイムでこの種目のNCAA記録保持者である。 彼は昨夜の400メートルメドレーリレーの平泳ぎで49.87という非常に速いタイムを記録したので、今夜の200メートル平泳ぎで何ができるか見てみましょう。 今朝、1位と2位になったのは、ASUチームメイトのデビッド・シュリヒト(1:51.45)とカル・マーター(1:52.19)でした。

サンデビルの新入生エリヤ・カロンは今朝、1分39秒52で泳ぎ、200本のフライ予選を大差でリードした。 カロンは今シーズンのNCAAのベストタイムを保持しており、1分37秒93を記録した。 Pac-12のチャンピオンシップ記録は1:38.53なので、カロンにはそれを破る大きなチャンスがある。

50度フリースタイルのチャンピオン、ジャック・ドーランは今朝の100度フリースタイルで最速タイムを記録し、41.38点を記録した。 チームメイトのジョニー・コロも41秒53で泳ぎ、それほど後ろにいなかった。

男子 1650 フリースタイル – 計時決勝

  • NCAA記録: 14:12.08 – フロリダ州ボビー・フィンク (2020)
  • Pac-12 記録: 14:24.35 – チャド・ラトゥレット、スタンフォード (2012)
  • Pac-12チャンピオンシップ記録: 14:33.69 – ザック・イェードン – カリフォルニア州 (2021)
  • NCAAカット: 14:37.31

トップ8:

  1. ザラン・サルカニ(アリゾナ州) – 14:23.01 (会議記録)
  2. クシシュトフ・フミエレフスキ (南カリフォルニア大学) – 14:39.64
  3. ダニエル・マシソン (アリゾナ州) – 14:44.85
  4. リアム・カスター(スタンフォード) – 14:46.22
  5. ギャビー・マチャド (スタンフォード) – 14:55.52
  6. リース・グレイディ (アリゾナ州) – 14:56.90
  7. ジャック・ミーハン (カリフォルニア州) – 14:58.38
  8. タイラー・コブ(カリフォルニア州) – 15:05.36

さて、このセッションは最悪のスタートとなりました。 アリゾナ州立大学 2 年生のザラン・サルカニは、この一週間信じられないほど上手に泳いでいましたが、ベストを最後に取っておきました。 サルカニーは14分23秒01のキャリアベストを更新し、大差でこのマイルを制覇した。 さらに、この泳ぎはザック・イードンが2021年に樹立したPac-12選手権記録を10.68秒も破った。 さらに、サーカニーは、元スタンフォード大学のスター、チャド・ラトゥレットの2012年以来のPac-12カンファレンス記録14分24秒35を破る人物となった。

サルカニーは今夜弾丸のように活躍し、最初の500ヤードで4:17.43という驚異的なタイムを記録した。 2回目の500m走は4:22.67、3回目の500m走は4:25.08でした。 その後サーケインはペースを取り戻し、最後の150秒で1分17秒83という速さで巻き返した。

今夜の1,650自由形/200ダブルフライの最初の泳ぎで、南カリフォルニア大学の新入生が クシシュトフ・フミエレフスキ 14分39秒64を記録し2位となった。 チミエレウスキーは今シーズン、それよりも少し速く、すでに14分37秒74を記録している。

ASUの新入生、リース・グレイディは、午後の最も遅い暑さから表彰台に上り、シーズンベストの15分47秒63から50秒短縮する14分56秒90で泳ぎました。

男子 200 背泳ぎ – 決勝

  • NCAA 記録: 1:35.73 – カリフォルニア州ライアン・マーフィー (2016)
  • Pac-12 記録: 1:35.73 – カリフォルニア州ライアン・マーフィー (2016)
  • Pac-12 チャンピオンシップ記録: 1:36.94 – デスティン・ラスコ、カリフォルニア州 (2023)
  • NCAAカット: 1:39.13

トップ8:

  1. ヒューバート・クス (アリゾナ州立) – 1:35.69 (NCAA記録)
  2. オーウェン・マクドナルド (アリゾナ州) – 1:37.70
  3. レックス・マウラー (スタンフォード) – 1:39.83
  4. セバスチャン・サマセット (カリフォルニア州) – 1:39.84
  5. アーロン・セケイラ (スタンフォード) – 1:40.55
  6. ジアド・スリム (カリフォルニア) – 1:40.64
  7. ジョシュ・ズコウスキー (スタンフォード) – 1:40.71
  8. カイ・クルーズ(カリフォルニア州) – 1:41.33

ASU 2 年生のヒューバート・コスは、2016 年から続いていたライアン・マーフィーの伝説的な NCAA 200 メートル記録 1 分 35 秒 73 を破り、歴史に名を残しました。コスは今夜 1 分 35 秒 69 を記録し、マーフィーの記録を 0.04 秒短縮しました。 彼はまた、昨年の大会でカリフォルニア大学のデスティン・ラスコが樹立したPac-12選手権記録1分36秒94も破った。

彼は信じられないほど速く出て、最初の50秒台で22秒20、2日目は24秒46をマークしたが、最初の100秒台では46秒66だった。コスはその後もペースを非常に良く維持し、最後の50秒台では24秒46と24秒57を出したのに対し、100秒200秒台では49秒03を記録した。 11月のノースカロライナ州招待大会でのコスの1:36.54に次ぐ2位だった。

ASUでは、同じく2年生のオーウェン・マクドナルドが第2夜に1分37秒70という大幅な自己ベスト更新を記録した。 今朝の予選で1分38秒49を記録するまで、マクドナルドのキャリアベストは昨年のPac-12選手権で泳いだ1分39秒01だった。 今夜の泳ぎのおかげで、マクドナルドは今大会歴代11位となった。

スタンフォード大の新入生、レックス・マウラーが今夜1分39秒84で3位となった。 このパフォーマンスは、秋のテキサス招待でマウラーが泳いだキャリアベストの1分39秒75を上回るものだった。

カリフォルニア州立大学新入生のキートン・ジョーンズは、「B」決勝で 1:39.18 のタイムで優勝しました。これは彼のキャリアの中で最高のパフォーマンスであり、「A」決勝で 3 位に入賞するのに十分な速さでした。 ジョーンズはこれまでこの大会で1分40秒を切ったことがなかった。

男子100メートル自由形 決勝

  • NCAA 記録: 39.90 – フロリダ州ケーレブ・ドレッセル (2018)
  • Pac-12 記録: 40.75 – カリフォルニア州ビョルン・セリガー (2022)
  • Pac-12 チャンピオンシップ記録: 40.90 – カリフォルニア州ビョルン・セリガー (2023)
  • NCAAカット: 41.50

トップ8:

  1. マット・ジェンセン(カリフォルニア州) – 41.63
  2. ジャック・ドーラン (アリゾナ州) – 41.66
  3. パトリック・サモン (アリゾナ州) – 41.77
  4. ジョニー・コロ (アリゾナ州) – 41.80
  5. リアム・ベル(カリフォルニア州) – 41.98
  6. ラルフ・ダライデン (アリゾナ州) – 42.22
  7. ラファエル・ジョー (スタンフォード) – 42.45
  8. ルーク・マウラー (スタンフォード) – 42.61
READ  ホワイトソックスはクリス・ゲッツをNBCスポーツ・シカゴのゼネラルマネージャーに任命した

フリー100メートルの「A」決勝に出場する2人を除く全員が、今夜予選から追加された。その中には、午前中に41.57点を記録し、今夜41.63点を記録した優勝者のマット・ジェンセン(カリフォルニア州)も含まれる。 ジェンセンは50秒台で3位となり、19.87点で途切れ途切れだったが、2番目の50点台では21.76点をマークして印象的だった。

アリゾナ州立大学のジャック・ドーランが41.66点で2位となったが、予選での41.38点がこの日の最速タイムとなった。 ドーランは早いスピードも持っており、最初の50秒で19秒58という非常に速いタイムを記録した。

サンデビルのジュニア、パトリック・サモンは今夜敗退した選手の一人で、41.77点のタイムで3位となった。 予選からは41.85点弱でした。 今日のサモンの泳ぎは彼女のキャリアの中で最高のものだった。

カリフォルニア大学のリアム・ベルは、予選から決勝に落ちたもう一人の選手で、サモンと同様に、今日の彼の泳ぎは自己ベストでした。 ベルは今夜41.98のタイムで5位に入り、このイベントで初めて42秒を切るタイムを記録した。 私たちは選手権大会でベルが200メートル平泳ぎをするのを見ることに慣れてきましたが、その道を進んだことが功を奏したようです。 ベルはこの日、キャリアマーク42.81点で入り、42.17点でトップを泳ぎ、今夜は41.98点を達成した。

男子 200 平泳ぎ – 決勝

  • NCAA記録: 1:46.91 – レオン・マルシャンアリゾナ州立大学 (2023)
  • Pac-12 記録: 1:46.91 – レオン・マルシャンアリゾナ州立大学 (2023)
  • Pac-12チャンピオンシップ記録: 1:47.67 – レオン・マルシャンアリゾナ州立大学 (2023)
  • NCAAカット: 1:51.09

トップ8:

  1. レオン・マルシャン (アリゾナ州) – 1:48.60
  2. デビッド・シュリヒト (アリゾナ州立) – 1:51.62
  3. カル・マーター (アリゾナ州) – 1:52.19
  4. ロン・ポロンスキー (スタンフォード) – 1:52.27
  5. アンディ・ドブルザンスキー (アリゾナ州立) – 1:53.48
  6. ザヒール・ヴァン (スタンフォード) – 1:53.62
  7. ハンクリバース(カリフォルニア州) – 1:53.91
  8. ショーン・スウィフト(カリフォルニア州) – 1:54.09

レオン・マルシャン 彼は200メートル平泳ぎを1分48秒60で決定的に制し、今週個人戦3勝目を挙げた。 このタイムは昨年のPac-12チャンピオンシップ記録1:47.67から約1秒離れているが、これはマーチャンドの今季ベストタイムであり、今シーズンのNCAAのベストタイムを1秒以上上回っている。 マーチャンドは、昨年のNCAAのキャリアベスト1:46.91で、このイベントのNCAA記録も保持している。

マルシャンは今夜早々に大きなリードを広げ、最初の100メートルで51.89点をマークし、昨夜の100メートル平泳ぎ決勝では6位タイとなるところだった。 その後、3本目の50で28.19、4本目で28.52を割り、2本目の100で56.71を記録した。

ASUにとっては1-2-3のパンチで、デビッド・シュリヒトが1分51秒62のタイムで2位となった。 このタイムは、彼がヒートで泳いだ1分51秒41に次ぐもので、この種目でのキャリアベストとなった。 サンデビルの2年生カル・マーターは今朝の時点で1:52.19のタイムを記録し、これも彼のキャリア最高記録となった。

スタンフォード大学のロン・ポロンスキーは、今夜4位にふさわしい1分52秒27のシーズンベストを記録した。 ポロンスキーは、2022年のPac-12選手権で泳いだ1:51.73の自己ベストを持っています。

男子 200 バタフライ – 決勝

  • NCAA記録: 1:37.35 – ジャック・コンガーテキサス (2017)
  • Pac-12 記録: 1:37.93 – イリヤ・カロン、アリゾナ州立大学 (2024)
  • Pac-12チャンピオンシップ記録: 1:38.53 – カリフォルニア州トレントン・ジュリアン (2021)
  • NCAAカット: 1:40.16

トップ8:

  1. イリヤ・カロン (アリゾナ州) – 1:38.64
  2. アレックス・コールソン (アリゾナ州立) – 1:40.78
  3. ホーコン・ノートン (アリゾナ) – 1:41.67
  4. クシシュトフ・フミエレフスキ (南カリフォルニア大学) – 1:42.01
  5. ギブソン・ホームズ (スタンフォード) – 1:42.35
  6. ミハル・チミエレウスキー (USC) – 1:42.42
  7. ヘンリー・マクファデン (スタンフォード) – 1:43.24
  8. ハリー・ホーマンズ (USC) – 1:44.95

アリゾナ州立大学の新入生、イライジャ・カロンが今週2つ目のPac-12個人タイトルを獲得し、フライオーバーイベントを席巻した。 カロンは1:38.64のタイムで泳ぎ、今夜この競技場で1:40を切る唯一の選手としてフィニッシュした。 このタイムは予備泳ぎの1分39秒52より約1秒足りなかったが、カロンは今シーズンすでに1分37秒93というスピードに達しており、これもキャリア最高記録だった。 今夜のカロンの水泳の強さは後半に現れた。 彼は最初の50でスプリット22.24を記録し、残りはそれぞれ25.46、25.35、25.59を記録した。

アリゾナ州立大学のアレックス・コルソンが今夜1:40.78で2位となり、シニアのシーズンベストをマークした。 コルソンはこれまでの大会では1分40秒を切っており、昨年のPac-12選手権ではキャリアベストの1分39秒55を記録した。

アリゾナ州の2年生、ホーコン・ノートンは、今夜自己ベストとなる1:41.67を更新して3位となった。 今朝の予選でのホーコンの1:41.90は、この大会で初めて1:42を切る記録となり、今夜もマークを下げた。

セッション開始時に1マイルを泳いだ後、彼はUSCの新入生だった クシシュトフ・フミエレフスキ 彼は今夜の200フライで1:42.01のタイムで4位となった。 この泳ぎは、チミエレウスキーの予選タイム1分41秒45を下回った。 彼のシーズンベスト記録は1分41秒20。

チミエレウスキーの弟、同じく新入生のミハル・チミエレウスキーは、今夜1:42.42のタイムで6位に入った。 今シーズンは1分42秒17という速さを記録している。

男子 400 フリースタイル リレー 決勝

  • NCAA 記録: 2:44.07 – フロリダ (2023)
  • パック記録 12:2:44.08 – カリフォルニア州 (2023)
  • Pac-12チャンピオンシップ記録: 2:45.67 – Cal (2023)
  • NCAAカット: 2:50.44

結果: