4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

5 人の子供たちがナイジェリアの学校から誘拐されました。彼女に残ったのは希望と祈りだけでした

5 人の子供たちがナイジェリアの学校から誘拐されました。彼女に残ったのは希望と祈りだけでした

ナイジェリア、コレガ(AP通信)―ラシダット・ハムザさんは絶望している。 彼女の6人の子供のうち、1人を除く全員がこの中に含まれる 300人近くの学生が誘拐された 紛争で引き裂かれたナイジェリア北西部の学校出身。

7歳から18歳の子どもたちが辺境の町コレジャの学校に行ったところ、武装した男たちのグループに連れ去られてから2日以上経ったが、土曜日になっても彼女はまだショックを受けていた。

「子供たちが学校から誘拐されるというこのような事態は見たことがありません」と彼女は木曜日の襲撃事件を報告するためにカドゥナ州の町に到着したAP通信チームに語った。 「私たちは何をすべきか分かりませんが、神を信じています。」

コレガ誘拐は3件の誘拐のうちの1つにすぎなかった 先週後半からナイジェリア北部で大量誘拐が発生しているこれはアフリカ最大の人口を誇る国が直面している安全保障危機を思い起こさせるものである。 土曜日未明、同国北西部の別の州ソコトで武装集団が学校から児童15人を誘拐し、数日前には同国北東部のボルノ州でも200人が誘拐された。

10年前、ナイジェリアの学校で起きた誘拐事件がボルノ州チボクの町で大きく報道された。 2014 年の誘拐事件 200人以上の女子生徒がイスラム過激派によって殺害され、世界に衝撃を与えた。

最近の誘拐事件について犯行声明を出したグループはない。 しかし、同国の北東部で反乱を起こしているイスラム過激派がボルノで誘拐を実行した疑いがある。 地元住民は、学校での誘拐は定住コミュニティと対立する遊牧民のせいだとしている。

木曜日に誘拐された学生の中には、12歳以下の子供が少なくとも100人いた。 教師のノラ・アーメッドさんは、「武装した男たちが数十人でやって来て、自転車に乗って散発的に発砲した」とき、彼らが公立小中学校の教室に落ち着いたところだったと語った。

学校は、森とサバンナに囲まれたコレガの町の入り口の道路沿いにあります。

「彼らは学校を包囲し、すべての廊下や道路を封鎖した」と、5分未満の作戦で子供たちが移送される前に助けが到着するのを阻止したとアーメド氏は語った。

14 歳のアブドラ・オスマンは、誘拐犯から逃げる際に銃弾に耐えました。

「迅速に行動することを拒否した人々は、バイクに乗らされるか、空中で撃たれると脅されました」とアブドラさんは語った。

「山賊たちは『行け!行け!行け!』と叫んでいました。」 彼は言った。

翌日までにナイジェリアの警察と兵士は子供たちを捜索するため森に入ったが、ナイジェリア北西部の森林地帯をくまなく調査するには数週間かかる可能性があると監視員らは述べた。

「このことが起こって以来、私の心は混乱しました」と、誘拐された13歳の少年の父親、シェフ・ラワルは語った。

「私の子供は出発前に朝食を食べませんでした。母親さえも気を失いました。私たちは心配し、彼女が死ぬのではないかと思いました」とラワルさんは語った。

誘拐された者の中には5人の孫もいたラワン・ヤロさんのように、希望はすでに恐怖へと消え去ったと語る村民もいる。

同氏は、人々はこの地域の治安の悪さに慣れているが、「以前はそうではなかった」と付け加えた。

「私たちは泣いて政府と神に助けを求めていますが、子どもたちを返すかどうか決めるのは武装勢力です」とヤロさんは語った。

「神が私たちを助けてくださいますように」と彼は言いました。

2014 年にチボクで 276 人の女子生徒が誘拐され、ソーシャル メディアで世界的な #BringBackOurGirls キャンペーンが巻き起こって以来、 少なくとも1,400人のナイジェリア人学生 彼らの学校も同様の状況で押収された。 その中には、100人近くのチボク族の少女を含む一部の人が今も監禁されている。

しかし、ターゲットは学校だけではありません。

武力紛争位置・事象データプロジェクトによると、昨年だけでナイジェリア全土で数千人が誘拐された。 危機は家庭にも及んでいる 首都アブジャボラ・ティヌブ大統領は、誘拐事件の解決を公約した選挙運動を経て、昨年の選挙後に就任した。

紛争アナリストらによると、誘拐事件を加速させた主な要因の一つは、ナイジェリアの警備が不十分な国境を越えて武器がいかに簡単に密輸されるかだという。 たとえば、ニジェールとの1,500キロメートル(932マイル)の国境の半分以上が北西部を通っています。 この地域の大部分はサバンナですが、管理されていない無人の広大な森林もあり、組織化されたギャングや誘拐被害者の避難場所となっています。

2022年、ナイジェリアの国会議員は身代金の支払いを禁止する法案を可決したが、ナイジェリアの誘拐犯はその残忍さで知られており、多くの家族が身代金の支払いに奔走している。

ナイジェリア北東部で14年に及ぶイスラム主義者の反乱に疲弊し、軍は同地域で空爆や特別軍事作戦を続けている。 しかし、武装組織の数は依然として増加しており、国の北東部を越えて活動を拡大しようとする過激派と協力することも多い。

米国に本拠を置くハドソン研究所の西アフリカ専門研究員ジェームズ・バーネット氏は、武装組織は「戦略を適応させ、恐喝を通じて北西部での存在感を強化している」と述べた。

「彼らの考え方は、北西部では自分たちの好きなことを自由にやるべきであり、もし州が直接的または間接的に挑戦してきた場合には、反撃して自分たちの強さを示さなければならないということだ」とバーネット氏は語った。

コレガの町からカドゥナの町まで伸びる55マイル(89キロ)の道路には現在、十数か所の検問所と軍用トラックが配備されている。 しかし、新たな治安事件で軍隊の駐留が必要になった場合には、すぐに他の場所に兵士が派遣される可能性が高い。

コレガの人々は、学童たちが無事に戻ってきて、軍用トラックが取り囲んでいる今の安心感が続くことを願うばかりだ。

誘拐された5人の子供たちの身を案じる母親のハムザさんは、「政府が襲撃犯を逮捕できるよう支援してくれることを願っている」と語った。 「武装勢力は私たちが農業をすることを許さず、外で平和を楽しむことも許さない…私たちには安全がありません。兵士も警察もいません。」

READ  イスラエルの衛星画像は、クリミア半島での急速なロシア軍の増強を示しています