2月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

5 日本の「妖怪」は冬の精神を体現しています

毎夏、 日本は映画で爆撃されている 幽霊の話や 妖怪 (ゴブリン). やっぱり夏ですね 開ける、死の世界が生の世界に近づく祭り。 しかし、ゴーストシーズンはこれだけではありません。

最初にお伝えしたのは 雪女雪に迷う旅人の息を呑むスノーモンスター。 の 日本の冬のモンスターのサバイバル ガイド妖怪などが多い 百合 (幽霊)は冬の精神を体現しています。 ここにそれらの5つがあります。

1.アバランチライディング

撮影:水木しげる

新潟県は日本の海岸にあり、毎年雪に覆われています。 3 月に暖かくなり始めると、雪崩が発生して山に雪が積もり、道に挟まれた人にとって自然な危険となります。 によると 妖怪 漫画家の水木しげるは、菱山のニカダ村で、これらの雪崩は荒々しいものです。 ゆきじじ(雪のおっさん).

白衣に身を包み、肌も髪も白いユキ・ジジは、夜の雪崩を超自然的なスキーヤーのように乗りこなす。

他の伝説では、彼は旅行者に出没して殺す雪の森の危険な幽霊である雪女の男性版として彼を描写しています.

2.フォトンモンスター

ボロボロトン雪妖怪.jpg

写真:妖怪ファンダム

ひとつから動く 雪国 (雪国) もうひとつ、次の物語の舞台は、ロシアに面した日本側の鳥取県。 小さな村の宿屋と寝床の不穏な寝床の物語です。

旅館がオープンしたとき、新しい所有者は、派手な新しい家具を買う余裕がなく、地元の質屋からのアイテムでその場所を完全に装飾しました。 最初の訪問客である巡回セールスマンは、就寝後、子供たちの声で目が覚めました。 「いいえ、でもあなたはそうですよね?」

宿屋の子供たちがうるさいと思った商人は、ベッドで頭を覆ったが、声はますます大きくなり、布団自体から聞こえた! ゲストは逃げ出し、次のゲストも逃げました。

ふとんは当初、両親が亡くなり、家賃を払えなくなったときに路上で追い出された孤児のペアから生まれました。 寒さをしのぐために必要だったのは、貧弱な布団だけでした。

クリック ここに 続きを読む。

©カイジンパット

READ  アンジェラ・ジェフス: 「活き活きと書く心」を教えたジャパンタイムズのコラムニスト