2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

6人を乗せた米軍オスプレイが南日本沖で墜落、1人死亡

6人を乗せた米軍オスプレイが南日本沖で墜落、1人死亡

東京(AP通信)-水曜日、6人を乗せた米軍オスプレイ機が日本の南方沖で墜落し、海から引き揚げられた乗組員が死亡したと沿岸警備隊当局者が発表した。

海上保安庁報道官の小川一夫氏は、事故の原因と乗船していた他の5人の状態は現時点では不明だと述べた。 同氏は、当初の報道では同機には8人が乗っていたとされていたが、後に米軍がその人数を6人に修正したと付け加えた。

同氏は、九州本島南部の鹿児島県南の島、屋久島沖の墜落現場付近で漁船から海上保安庁が緊急通報を受けたと付け加えた。

小川氏によると、沿岸警備隊の飛行機と巡視船が、後に近くの病院で死亡が確認された人物と、飛行機からのものとみられる灰色の破片を発見した。 被害者は男性とのみ判明した。 屋久島の東海岸から約1キロ沖合で見つかった。 空の膨張式救命いかだも現場で発見された。

オスプレイはヘリコプターのように離着陸するハイブリッド航空機ですが、飛行中はプロペラを前方に回転させ、飛行機のようにより速く飛行できます。 この航空機のバージョンは、米国海兵隊、海軍、空軍によって運用されています。

松野博一官房長官は、海上保安庁が緊急通報を受ける数分前、午後半ばごろオスプレイがレーダー画面から消えたと述べた。 NHKなどによると、同機はレーダー画面から消える約5分前に屋久島空港に緊急着陸を要請した。

日本放送協会(NHK)は、屋久島の住民の話として、飛行機が逆さまになり、エンジンの1つから火が上がり、その後爆発が起きて海に落ちたのを見た、と伝えた。

岸田文雄首相は米軍に追加の説明を求めるつもりだと述べたが、日本でのオスプレイ運用の一時停止を求めるかどうかについては明言を避けた。

オスプレイは米軍基地と日本の軍事基地に配備されている日本を含め、過去に数多くの事故を起こしている。 在日米軍5万人の約半数が駐留する沖縄県では、玉城デニー知事が水曜日、記者団に対し、オスプレイの日本への飛行をすべて中止するよう米軍に要請すると述べた。

小川氏によると、同機は山口県の米海兵隊岩国基地を離陸し、沖縄の嘉手納基地に向かう途中で墜落した。

日本の宮沢弘行副防衛大臣は、同機が海上に不時着しようとしたと述べ、米軍は同機のパイロットが「最後の瞬間まで全力を尽くした」と述べたと伝えられた。

米国と日本の当局者は、この飛行機は東京の西にある横田基地に所属していたと述べた。 横田基地の米空軍関係者は、情報を確認中であるとし、即時コメントはないと述べた。

2016年12月、米海兵隊のオスプレイ戦車。 沖縄沖で墜落この事故で乗組員5人のうち2人が負傷し、米軍基地とオスプレイの安全記録について地元住民の間で苦情が起きた。

23人の海兵隊員が搭乗する米海兵隊のオスプレイ機 オーストラリア北方の島に墜落 8月には多国籍演習中に少なくとも3人が死亡、5人が重傷を負った。

海兵隊オスプレイ機による死亡事故は2012年以来5件目で、当時の死者数は少なくとも19人となった。

READ  モスクワはウクライナが戦っている新しい段階に入っていると言います