4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ACCがスイート16をリード、ベイラーは帰国

ACCがスイート16をリード、ベイラーは帰国

あらゆる成功にもかかわらず、ACCは今年は不振で、大学バスケットボール界で最高のカンファレンスの一つとしての地位を失ったと、年の大半を費やした。

しかし、ACCは、どのカンファレンスが全米選手権で最も多く開催されているかをすべての人に思い出させ、カンファレンスの中で最多となるNCAA男子スイート16トーナメントに4チームが進出することで、コレクションに新たなカンファレンスを加える可能性がある。

ノースカロライナ大学やデューク大学が成し遂げたことほど特別なものではなかったが、ACCの番狂わせがそれを素晴らしいものにしている。 ノースカロライナ州立大はスウィート 16 で唯一の 2 桁シードを維持しているが、クレムソン大は第 2 週末にマウンテンウェストのチャンピオンであるニューメキシコと強豪のベイラーチームに勝利し、最も印象的なロードを過ごした。

クレムソン大は1試合平均80得点のオフェンスにもひるむことなく、精鋭のオフェンスプレーでベアーズを攻撃し、その夜の大半でベイラーを封じた。 ベイラーが遅れて立ち上がり、ランを狙ったときでも、タイガースは守備を崩さず、フリースローを決めて勝利を確実にした。

シーズンを11勝1敗で素晴らしい勝利でスタートさせたにもかかわらず、クレムソンはシーズンのほとんどで注目を浴びることはなかった。 カンファレンスプレーで11勝9敗となったにも関わらず、タイガースはなんとかトーナメント表に順調に留まり、敗退すると思われていた相手にも勝てなかった。 クレムソンは本物であり、ACCも同様である。それが、男子トーナメントの第2ラウンドの最終日にタイガースが勝者と敗者をリードした理由である。

勝者

シードNo.1

最初の週末には大きな番狂わせはなく、コネチカット、ヒューストン、パーデュー、ノースカロライナがいずれもスイート16に進出した。

各地域のトップシードがそれぞれ最初の2試合に勝利したのは驚くべきことではないが、印象的なのは、彼ら全員が納得のいく形で勝利を収めたことだ。 第1シード全員が平均27.3点差で勝利した。 最も近い試合はヒューストンがテキサスA&Mに対して延長戦の末に5点差で勝利した試合で、ハーフタイム以降も一度も劣勢にならなかった。

第1シードは最近全体的に成績が振るわなかったが、特に昨シーズンは第1シードがエリート8に入れなかったのは初めてだった。 さて、2019年以来初めて、第1シード全員がスイート16に出場するのは今回が初めてだ。大学バスケットボールの頂点に立つ強豪は冗談ではなく、彼らは我々が第1シードを獲得できるかのようにプレーしている。種子1個。 2008年以来となるファイナル4進出第1シード。

ジャレッド・マケイン公爵

ジェームズ・マディソンを粉砕したデュークの功績は全面的に認められるが、ジャレッド・マケインはデュークスに対してやったことについて特別な称賛に値する。

トーナメントに入った時点で、ジェームズ・マディソンは国内最高のペリメーターディフェンスの一人として、1試合当たりの3ポイントシュート成功数が6本未満であった。 しかし、マケインは前かがみではなく、シュート好調のこの日、8本の3ポイントシュートを放ち、30得点、5リバウンドを記録した。

新入生はフェアモントとの1回戦勝利でチームを15得点でリードし、今大会ここまでリーダーシップを発揮している。 ブルーデビルズのチームにはベテランのリーダーがいるが、マケインのような新入生がステップアップしてこのようなパフォーマンスを見せれば、デューク大学はジョン・シャイヤー監督の下で初のファイナル4進出を目指すことになるかもしれない。

アラバマ大の試合終盤の展開

アラバマ大は、オフェンスが相手を上回っていることが多いため、おそらく、バスケットボールの中で最も持続可能性の低い方法の 1 つを選択し、意のままにポイントを放棄します。

しかし日曜日、彼はグランドキャニオンとの激しい戦いで別の課題に直面した。 しかし、ネイト・オーツは適応に失敗するのではなく、アプローチを変え、最後の数分間でほぼ完璧なパフォーマンスを披露して番狂わせを避けてスイート16に戻った。残り6分で、グランドキャニオンが58-55とリードした。 その後、アラバマ大のオフェンスは完璧に実行されたセットで流れをつかみ、信じられないかもしれないが、ディフェンスも強化した。 グランドキャニオンは最後の4分間無得点で、アラバマ大が17対3のランで試合を締めくくり、72対61で勝利した。

クリムゾン・タイドは危険なバスケットボールをプレーしており、レギュラーシーズンで彼らを傷つけるために戻ってくることが示されています。 しかし、醜くてフィジカルな試合に調整を加え、前進するために必要なことを行ったオーツと選手たちの功績は称賛される。

敗者

ベイラー

ベイラーは全国優勝以来、非常に安定したチームであり、過去 3 シーズンでは各トーナメントで上位 3 位に入っています。 しかし、ベイラーはそのタイトルを獲得して以来、シード権を果たせず、3年連続でスイート16入りを逃し、失望を味わっている。

ベアーズは、3ポイント成功率でトップ10に入るなど、国内最高の攻撃力を持ったチームの1つでした。 日曜日、ベイラーの攻撃陣は前半最後の7分間にフィールドゴールを1本しか決められず、極寒のスタートを切ったので、それが分からなかった。 ベイラーは追いつくことはできたが、フリースローを成功させてクレムソンとの試合を同点にすることができなかった。 ベイラーはフィールドゴールで54本中21本(38.9%)、3ポイントランドで24本中6本(25%)、ファウルラインで26本中16本(61.5%)でこの日を終えた。

過去3大会でベイラーは第8シードと第6シードに2度敗退しており、本来あるべき試合に勝てていないことが証明されている。 現在、ベイラーはタイトル獲得前に知られていたチーム、つまり成績不振が続いているチームのように見え始めています。

ジェームズ・マディソンの守備

デュークスはシーズンを通して、特にウィスコンシンに対する第1ラウンドの勝利で、ディフェンスが32勝のシーズンの鍵であることを示した。

しかし土曜日のデューク戦ではそれが見られなかった。93-55で敗れ、デュークにとって今シーズン最大の負けとなったデューク戦では早い段階で頻繁にそれが露呈したからだ。

デューク大は攻撃面では良いチームだが、2日前にウィスコンシンに与えた悪夢を考えると、ジェームズ・マディソンはそのチャンスを好まざるを得なかった。 しかし、国内最高のスリーポイントディフェンスのひとつも、デュークがボールを弧を越えて飛ばすのを止めることはできなかった。 デュークスは今シーズン、相手の3ポイントシュート成功率を29.1%に抑えているが、ブルーデビルズは28本中14本成功(50%)している。 JMU の 3ポイントシュート成功数は 1 試合平均 5.9 本に過ぎませんでしたが、デューク大が前半でその記録を超えるのにそれほど時間はかかりませんでした。

金曜日の勝利後、ジェームズ・マディソンはデューク大に学校史上初のスイート16の試合に出場するチャンスを賭けた競争力のある対戦を与えるかに見えた。 その代わりに、彼らの輝かしいシーズンは衝撃的な敗北で終わりました。

わざわざ

第1ラウンドでオークランド大学やエール大学のような番狂わせに恵まれた後、第2ラウンドでは、このブラケットのほとんどがスイート16であったため、大きな番狂わせはなかった。試合に勝った唯一の下位シードは、第4位カンザス大学に対する第5位ゴンザガ大学であった。ブルドッグス – 6 位クレムソンが 3 位ベイラーを破る。 第11シードのノースカロライナ州立大はスイート16で唯一の2桁シードだが、第14シードのオークランド州を破ると予想されていた。

大半の試合もエキサイティングなものではなかった。 第2ラウンドの16試合のうち、10試合は二桁決着で、中には見るに耐えない完敗試合もあった。 嬉しいのは、トップシードのスウィート16は、多くの場合、優れた激しいバスケットボールを意味するが、有望な1回戦を終えたほとんどのシンデレラにとって、ガラスの靴はそうではなかったということだ。

READ  ドノバンミッチェル貿易の噂:ジャズオールスターレンジャーの可能な目的地の中でニックスと暑い冬