6月 26, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ANAとジョビーが一緒に日本を飛ぶタクシーを発進

日本最大の航空会社である全日本空輸の親会社であるANAホールディングスは、米国を拠点とする新興企業のジャビアビエーションと提携しています。 エアタクシー 日本でのサービス。

このリンクでは、Jabiが最大200 mphの速度と最大241kmの範囲に到達できる電気垂直着陸(eVTOL)航空機を開発しているのを見ることができます。

5人乗りの航空機は、騒音のない低排出ガスであると言われています。

飛行機を使用すると、大阪空港と関西国際空港(KIX)の間の50kmの旅を完了するのに15分もかかりません。

ジャビと日本の航空会社は、パイロットトレーニング、航空交通管理、インフラストラクチャ開発、航空業務、規制要件のパートナーになります。

また、政府や民間企業との共同交渉も行います。

トヨタ自動車は同盟の一部であり、地上輸送をサポートします。

Jobyは2019年からトヨタと協力しており、トヨタはこれまでタクシーのスタートアップで約4億ドルを支払い、最大の外部投資家になっています。

ANAHDの副社長兼マネージングバイスプレジデントである柴田浩二氏は、「お客様はパフォーマンスを重視しているため、国際空港から市内まで迅速かつ一貫して移動するオプションを提供することは非常に印象的です」と述べています。

最新の動きは、地元企業と提携して、米国以外の一部の市場で空中ライドシェアリングサービスを開始するというジョビーの計画を反映しています。

このサービスのコンセプトは、日本、特に2025年日本国際博覧会の開催国で勢いを増しています。

カリフォルニア州ジャビは、ジャビアプリまたはユーバーアプリを介して、米国中の主要市場に直接エアタクシーサービスを運営しています。

同社は2024年にサービスを提供する予定です。

Jabbyの創設者兼CEOであるJobyBevirtは、次のように述べています。

「人口の92%が都市部に住んでおり、東京は世界で最も人口の多い都市のトップ20のひとつであり、日本はまさにそれを行う素晴らしい機会を提供しています。」

関連会社



READ  海外アニメの売上高が日本市場を上回っている