6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Appleの「Crush」広告に対して日本は特に否定的な反応を示した

Appleの「Crush」広告に対して日本は特に否定的な反応を示した

5月7日、AppleはiPad Proの新しい広告を公開し、新しくスリムになった外観とM4処理チップを宣伝した。 Apple CEOのティム・クック氏はX(旧Twitter)でこの発表をツイートし、「この製品を使って作成できるあらゆるものを想像してみてください」とこの製品を宣伝した。

この記述は誤りで、広告に登場するすべての楽器や美術品は工業用シュレッダーによって破壊されます。 1分間の広告では、Sonny & Cherの「All I Ever Need Is You」がインストゥルメンタルとして流れ、新しいiPad Proを作るために創造的なツールが予期せず破壊される。 企業がクリエイティブ産業を残酷に破壊していた当時、製品のオールインワンの多用途性と洗練された外観を売り込む取り組みは、音痴でディストピア的でした。

当然のことながら、この広告は膨大な量の批判を受け、特に日本への批判は大きかった。

打ち砕く! | iPad Pro | りんご

新型iPad Proのご紹介です。 まず最初に挙げられるのは、M4 チップの驚異的なパフォーマンスです。 画期的な Ultra Retina XDR ディスプレイを搭載。 すべて薄いリンゴでできています。 iPad がかつてないほど強力になったことはありません。 というかこの薄さ。 詳細: https://apple.co/3QEsTSv 音声説明: https://youtu.be/uT24U56I1ZA 「I Need You」Sonny & Cher – https://apple.co/sonny-cher-all -I Needあなたが欲しかった #iPad #iPadPro #ApplePencilPro Apple 公式 YouTube チャンネルへようこそ。

アーティスト達は恥を知れ

熱心なAppleファンであるプロダクトデザイナーの和田聡氏は、この広告に対して「深い失望とショック」を表明した。 「木や石のようなものには魂があると信じている多くの日本人にとって、これは特に耐え難いことだ」とツイートした。 「どうしたの、アップル?」

ソース: バツ

Xユーザーの@takaすぎ_mbsjkはクック氏のツイートに英語と日本語で返信し、あらゆる立場のアーティストが自分たちの商売道具に対して抱いている敬意を表明した。 「あなた方のご先祖様は私たちに夢を見せてくれました。 あなたは私たちに夢を見せてくれました」と彼らは書いた。

この広告を見て凛として時雨のドラマー中野ピエールはとても心配になった。 「あなたの言わんとしていることは分かります。 しかし、ミュージシャンとして、あなたの表現方法は容認できない」とツイートした。

成芸大学の塩沢一教授は、この広告を見たときに全身が痛くなったと語った。 同氏は「音楽を愛するアップル社がこのような形で自らを暴露するのは悲しいことを通り越して」とツイートした。 「要するに、デジタル機器がアナログを駆逐したと言っているんですか? Apple がそこまで傲慢にならないことを願っています。

広告

ミュージシャンの明和天気がこの広告をソニー&シェールの曲ではなく自分の曲でリミックスし、逆再生したとき、暗さの中に少し前向きな気持ちが芽生えた。 現在、X では 330 万回の再生回数があり、オリジナルよりも肯定的なフィードバックが増えています。

不要な無駄

私が X に関して読んだ日本の反応のほとんどでは、物理的な物の無駄が強調されていました。 対照的に、英語を母国語とするユーザーからの多くの反応は、広告の背後にあるコードに焦点を当てていました。

物や道具に対する尊敬の念は世界共通です。 しかし、この国を美化する危険を承知で、魂を持つ物体についての和田氏の言及は、日本の交差する2つの考え方に触れている。

そこにそれがある ハゲ 日本が工業化するにつれて、食料生産と人口増加のバランスをとる意識的な努力の結果、資源を慎重に使用し、不必要な浪費を避けることを重視する考え方が生まれました。 じゃがいも それは、人工か自然かを問わず、すべてのものには敬意を持って扱われるべき霊が宿っているという神道の精神性にルーツがあります。

この信仰は、百年も生きていれば霊を受け取る人工の器具や家庭用品である妖怪付喪神として日本神話に登場します。 そのカテゴリー内にあります びわぼく 琵琶牧々(びわ牧々)は、びわの頭を持つ擬人化された生き物であり、長い間忘れられていると迷惑になり、無視されることを嘆くことで知られています。 Apple による機能製品のあからさまな破壊は、その背後に長い歴史を持つ感情に反しています。

Appleは5月9日にマーケティング・メディア雑誌「Ad Age」に謝罪したが、この広告は間違いなく多くの人が忘れたくない、あるいは許しがたい広告となるだろう。

証拠の

@SWdesignTOKYO によるツイート。 ツイッター

@takaすぎ_mbsjkさんのツイート。 ツイッター

@Pinakano さんのツイート。 ツイッター

@shiologyさんのツイート。 ツイッター

@MaywaDenki さんのツイート。 ツイッター

「」「」 読売新聞

READ  日本の富名哲也が「Who Are We?」の東京プレミアにいかにしてトップタレントを誘致するか | 特徴