logo2

logo

「ひろしま県民倉庫」は、広島県が運営する県政情報のポータルサイトです。 ひろしま県民テレビで出題するクイズの答えや過去放送回、ひろしま県民だよりの掲載情報などにいつでも パソコンやスマホから気軽にアクセスできます! その他にも、地上波や紙面には掲載しきれない、コンテンツを随時アップしていきますので、お楽しみに!

警戒レベルの、怖い話。

警戒レベルの、怖い話。

 

こんにちは!

ひろしま県民倉庫コンテンツ制作スタッフの瀬戸内子です!

 

「今日雨すごいなあ・・」

 

「警報出てるし、家でゆっくりするかあ・・」

 

梅雨時季など雨の多い季節には、こんな日もよくありますよね。

 

そんなときに、避難に関する情報が出ても、いまいちピンとこない方は、

ぜひ最後まで読んでください。

今回取材を受けてくださったのは、広島県防災アドバイザー柳迫さん。

 

警戒レベルって、レベル1から、レベル5まであるんです。

どこからがやばいの?って話だと思うんですけど、

 

「レベル4で全員避難」です。

 

これは、おどろき。

全員避難って、MAXのレベル5じゃないんだ。って思いませんか。

(ワタシはおもいました)

 

レベル5って、実は、すでに災害が起きている状態なんです。

 

だから、レベル5で避難するのは、どう考えても、遅い。

と柳迫さん。

ワタシ的に、柳迫さんの話の中で衝撃的だったこと。

 

それは、

水は深さ10センチから20センチほどでも、

その中を歩いて避難することはとっても難しい状態になるということ

 

知ってました・・?

 

ワタシ知らなかった・・

イメージは、足首までの深さのプールとか、そういうのを想像していました。

プールや海と違うんですよ。

 

川から溢れた水や、山から流れてくる水には、砂や石が大量に混ざりこんでいるから。

 

ぞっとしませんか?

―――――――――――――――――――――――――――

 

今回は大雨について、もうひとつ取材しましたよ。

 

取材を受けてくださったのは広島市危機管理室の柴村さんです。

 

柴村さん曰く、大雨の際の警戒レベルは、

その土地の地盤や、過去の雨量、未来の雨量の予想をもとに発表されます。

 

・・・つまり

 

「ウチの地域、今、全然降ってないのに、警戒レベル4になってる!」

 

っていう状況が起こるんですよ。

 

 

「全然降ってないのに避難て言われてもw」

 

って思っちゃう人、いると思うんですよ。

 

でもね、

 

去年の西日本豪雨のとき

大きな被害にあった矢野地区は、

雨が2ミリしか降ってない中、

避難勧告が発令されていたんです。

(今年運用開始された「警戒レベル」で言うと4以上に該当)

県民のみなさん、知っておいてください。

 

 

じゃあどこに避難すればいいん?

ってなりますよね。

 

↓こちらを参考にしてください!

 

■避難場所の調べ方

  • 「減災 はじめの一歩」で検索してください!
  • 広島県「みんなで減災」はじめの一歩のサイトへ
  • 避難所・避難場所検索をクリック!(https://www.gensai.pref.hiroshima.jp/search/

こちらのページから、お住まいの地域を入力してみてくださいね!

 

 

 

 

新着記事