logo2

logo

「ひろしま県民倉庫」は、広島県が運営する県政情報のポータルサイトです。 ひろしま県民テレビで出題するクイズの答えや過去放送回、ひろしま県民だよりの掲載情報などにいつでも パソコンやスマホから気軽にアクセスできます! その他にも、地上波や紙面には掲載しきれない、コンテンツを随時アップしていきますので、お楽しみに!

トッププレイヤーを間近で。女子テニス世界大会が広島で開催!

花キューピットオープンの様子

皆さんは、花キューピットオープンをご存じですか? 正式名称は、「花キューピットジャパンウイメンズオープンテニスチャンピオンシップス」。 WTA (女子テニス協会、Women’s Tennis Association) が公認する、女子テニスの世界大会です。 今年も9月8日(日)~9月15日(日)の間、広島広域公園テニスコートで開催され、国内外のトッププレイヤーが広島に集結しました。

2018年から広島で開催。あのレジェンドも会場に

伊達公子さんのトークショー

2009年から続く大会 (大会名称などは変更) ですが、2018年から花キューピットオープンとして、広島広域公園テニスコートで開催されています。 広島でそんな大きな大会があるなら、ぜひ見に行かなければと思い、広報課職員も観戦に行ってきました。 当日は、日本女子テニス界のレジェンド、伊達公子さんも来場。 試合前にはトークショーが開催されたのですが、さすがは往年の名プレイヤー。 引退されて2年が経ちますが、人気はさすがでした。

試合の様子は?日本人選手が活躍!

日比野菜緒選手

私が観戦したのは、シングルスの準々決勝。 当日の第1試合では、日比野菜緒選手 (試合時世界ランク146位) と前年覇者で第1シードのシェイ・スーウェイ選手 (台湾、試合時世界ランク29位) の試合を見ることができました。 テニスの国際試合を生で見るのは今回が初めて。 テレビでは何度か見たことがあったのですが、もう迫力が全然違いました。 特にサーブを打つ瞬間の一瞬の静寂と、一気に打ち下ろす躍動感。 そして、息詰まるラリーの応戦など、目を離す暇がありません。

日比野菜緒選手サーブは、時速160kmにも迫る速さ。それを打ち返すことからラリーが始まるのですが、力と力のぶつかり合いや、力をそっといなす華麗なショットなどの技にも魅了されました。 やっぱり、スポーツには見る人を感動させる力があるのか、自然と応援にも力が入ります。

試合は、見事、日比野選手が6-4、6-3のストレートで勝利。私もガッツポーズが出ました。

土居美咲選手

シングルス第2試合には、土居美咲選手が登場。 土居選手は、ダブルスで日比野選手とペアを組んでいて、大会最終日に劇的な結果になるのですが、その話はもう少し後でしましょう。 土居選手も準々決勝で、スペインの選手に7-5、6-1でこちらも見事に勝利。 目の前で日本人選手が活躍する姿を見られて感激しました。

テニス以外の楽しみ方も

ビーフケバブ

会場では、お客さんにテニス観戦以外でも楽しんでもらえるように、毎日、様々なイベントが開催されていました。 また、グッズ売り場やキッチンカーでの飲食販売も常に賑わっていました。 写真は、昼食時に私がセレクトした、「ビーフケバブ (大盛)」。 まだまだ残暑が厳しかったので、ピリ辛がぴったりで、とても美味しかったです。

そして、そんな昼食時に奇跡が! 近くのテーブルに、広島市出身の二宮真琴選手がいらっしゃいました。 とても気さくな方で、サインや記念撮影に快く応じてくださいました。 感動です。 昨年の大会ではダブルスで準優勝されたのですが、今年は残念ながら準々決勝で敗戦。今後の活躍に期待しています!

二宮真琴選手と記念撮影

気になる大会の結果は?そして・・・

日比野菜緒選手

8日間に渡り熱戦が繰り広げられた今回の花キューピットオープン。 最終日のセンターコート第1試合で行われた、シングルス決勝では、日比野菜緒選手と土居美咲選手による日本人対決が実現。 WTAツアーで日本人同士の決勝は22年ぶりだったそうです。 試合は、日比野選手が6-3、6-2で勝利し、2つ目のツアータイトルを獲得されました。 そして、次に行われたダブルスでは、日比野菜緒/土居美咲組がマクヘール (アメリカ) / サビニク (ロシア) 組に、3-6、6-4、10-4で逆転勝利し、見事に優勝。 日比野選手は単複の二冠を達成し、日本人選手の活躍が光る大会となりました。

キューピットオープン 試合会場

今回、私は初めて生でテニスの大会を観戦しましたが、試合も大会の雰囲気も各所に「また見に来たい」と思わせてくれる魅力がたくさんありました。 いよいよ、来年は東京オリンピック・パラリンピックも開催されます。 もちろん、テニス・車いすテニスも実施競技です。 テニス経験者の方も、未経験者の方も、ぜひ注目してみてください!

新着記事