7月 18, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

BYD、急成長中の日本のEV市場でテスラと戦う

BYD、急成長中の日本のEV市場でテスラと戦う

BYD は正式に日本で EV の販売を開始し、テスラや日産などと同様に日本で電気自動車を販売しています。

日本はEVの参入が困難な市場であることを証明し続けているが、それはテスラのような大手ブランドがそれを変えようとするのを止めていない. その市場の開拓におけるテスラの成功に続いてBYD が参加することを決定しました。

BYD は、コンパクトな電動クロスオーバー Atto 3 で日本市場に参入しており、納車は来月にも開始されます。 車両はBYDのショールームで入手可能で、横浜に最初のショールームがオープンし、2023年中に19のショールームがオープンする予定です。 BYD は、今後 2 年間で合計 100 のショールームを開設する予定です。 島国にはまだ届かないEV。

多くの人がこの動きをBYDにとって前向きで賢明な動きと見なしていますが、テスラは日本市場を征服するのは難しい課題であることを何度も示してきました。

によって指摘された ニッキー・アジア、2022 年の日本の総 EV 販売台数は、前年のほぼ 3 倍になり、59,000 台強になりました。 そして、それは 1 億 2500 万人を超える国でバケツの落ち込みです。 現在、EV は全自動車市場の 1.7% に過ぎず、日本で EV が 1% を超えたのはこれが初めてですが、このセグメントは依然として大きな成長を遂げています。

しかし、BYD 自体が世界第 3 位の経済大国に参入するにあたり、多くの課題に直面しています。 おそらく何よりもまず、より閉鎖的な経済を持つ未知のブランドとして、BYD は伝統的なブランドとの戦いで急な上り坂に直面しています。 第二に、BYD の最初の製品は、手頃な価格の 440 万円 (33,800 ドル) になると、間違いなくテスラと日産の価格リーダーでした。 もう存在しません.

現在、日本政府の 65 万円 ($5,029) の奨励金により、Tesla Model 3 の価格は 470 万円 ($36,369) に、Tesla Model Y の価格は 515 万円 ($39,841) に引き下げられています。 BYD オファリングを破棄します。

同時に、日産はEV製品をより手頃な価格にすることで進歩を遂げました。 信じられないほどの人気 日産サクラは今なら250万円から (19,330ドル)、日産リーフは430万円(33,246ドル)から始まり、日産アリアはより競争力のある540万円(41,750ドル)から始まります.

はっきりしない BYDの日本でのベンチャーは成功するだろう、しかし、そこの市場がかつてほど競争力のないものではないことは明らかです. しかし、その間、EVはまだ十分な市場シェアを持っているため、中国ブランドは少なくとも「潮流をつかむ」のに適した立場にあります.

記事についてどう思いますか。 ご意見、ご質問、ご不明な点はありますか? 私にメールを送ってください william@teslarati.com. Twitter @ で私に連絡することもできます。ウィリアム・ライド. ニュースのヒントがある場合は、メールでお問い合わせください tips@teslarati.com!

BYD、急成長中の日本のEV市場でテスラと戦う






READ  鉄道にっぽん! 真のプロ東急ちょうこう! 名古屋鉄道編は6月22日にPS4で発売される。