9月 17, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Covit-19の若者の死亡率は、デルタ変動により日本で上昇しています

日本では、コビット-19による59歳以下の死亡者が急増しています。

7月中旬から9月上旬にかけての流行の第5波では、59歳以下の人々が860人のCovid-19による死亡総数の20.6%を占め、その割合は4倍以上になりました。 厚生労働省によると、2月上旬。

2021年8月6日、看護師は、首都でウイルスが多い東京の純東大学病院の密室で、重度の症状を示すGovt-19患者を治療します。 (京都)==京都

同省によると、第5波は政府19により39歳以上の29人を殺害した。これは、発生が始まって以来、同じ年齢層の63人の死者総数のほぼ半分である。

国の1億2500万人の50%以上がGovt-19に対して完全にワクチン接種されていますが、コロナウイルスのデルタ変異体によって引き起こされる感染の増加にもかかわらず、ワクチン接種のリリースはまだ多くの若い世代に到達していません。

日本は2月上旬に医療従事者向けの予防接種プログラムを導入し、4月と65歳以上に一般市民に拡大しました。

同朋大学ウイルス学教授の多田眞弘氏は、「ワクチン(高齢者向け)が非常に進歩しているのは、40代から50代の人々の症状と死亡の重症度が比較的高いためです」と述べています。

予防接種プログラムの開始前に、2月上旬に報告された5,295人の死亡の96.2パーセントは60歳以上のCovit-19患者でした。 年齢別では、80歳未満の人々が全死亡の40.8パーセントを占めています。

しかし、7月中旬から9月上旬にかけて、60歳以上の高齢者の高齢化率は860人の死亡者の79.4パーセントでした。

同省は、7月と8月の65歳以上の日本のCOVID-19による死亡者数は約8,400人減少したと推定している。

READ  日本のコンビニエンスストアが東京オリンピックの記者にアイスクリームゴールドを獲得