9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Covit-19トラッカー:東京の新しい症例はわずか1か月で減少します

東京都は、月曜日のコロナウイルスの新規感染件数は、月曜日の1日あたり1,915件で、7月26日の1,429件以来の最低件数であると述べた。

その間、日本の首都の影響を受けた人口の間で合計12人の新しい死が報告されました。 死者は30代と90代でした。

東京の1日あたりの感染数は8日連続で532件に減少し、1週間前から減少しました。

毎日の感染の7日間の平均は3,708で、前週から20.4%減少しました。

重症のCOVID-19患者の数は、首都圏の基準の下で前日から9人減少して287人になりました。

月曜日に東京でコロナウイルスと診断された人のうち、545人が20代、369人が30代、318人が40代でした。 65歳以上の97人。

全国で合計13,638人がコロナ感染していることが確認されました。 2週間ぶりに全国で15,000人未満になりました。

神奈川県は1,719例、大阪府は1,605例、市県は1,509例を確認した。 さいたま県で1,106例、柴県で1,030例が報告された。

国のコロナによる死者数は46人に増加しました。

保健省によると、全国の重症COVID-19患者の数は5人増加して2,075人になり、18日連続で記録を逆​​転させました。

乗客と乗組員を含む日本での新しいコロナウイルス感染の総症例数は、月曜日の午前10時の時点で1,460,046に増加し、153,953になりました。

上昇は前週の157,498よりわずかに低く、ペースは10週間ぶりに低下しました。

さいたま県は東京、大阪、神奈川に続き、合計10万件以上のコロナウイルスが発生しました。

日本は日曜日に19,314件の新しいコロナウイルス感染症例を確認し、6日間で初めて20,000件を下回りました。

日曜日に、全国で50人の死亡例が報告された。

誤った情報と過剰な情報の両方がある時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして読む)

READ  日本が東京でGovt-19緊急事態を延長する