6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

DVIDS – ニュース – USS ウォリアー、予定されていた寄港を終えて日本の函館を出港

DVIDS – ニュース – USS ウォリアー、予定されていた寄港を終えて日本の函館を出港

函館、日本(2024年5月18日) – アベンジャー級地雷対策艦USSウォリアー(MCM 10)は、予定されていた寄港を終え、5月18日に日本の函館を出港した。

ウォリアーはマシュー・ペリー提督の函館訪問170周年を祝うため、5月15日に函館に到着した。

「日米関係の基礎的な歴史を代表する都市を訪問できたことは光栄であり、特権でした」と中佐は語った。 ロバート・スクワイアズ、ウォリアーの司令官。 「私たちの船員たちは、日本国との強力なパートナーシップの始まりを喜んだだけでなく、お互いへの献身的な姿勢を示したプラットフォームを本当に高く評価したと思います。」

1854 年 5 月 17 日のペリーの訪問は、日米関係に新たな時代の到来を告げました。

寄港中、パーリエの船員らは函館外国人墓地で行われた、ペリーの下で勤務し、1854年に函館で亡くなった2人のアメリカ海軍水兵、ジョージ・レミックとジェームス・ウルフを追悼する式典に出席した。

「ペリー提督の水兵の墓は非常に立派な場所で、彼らがとても大切に扱っていたことが分かりました」とウォリアーに配属された補給官カリム・パーキンス水兵は語った。 「函館は素晴らしい街だし、函館の人も素晴らしい!」 また来ていただけるととても嬉しいです! 」

船員らは、函館来航150周年を記念してペリー像が設置されているペリー広場での献花式にも出席した。

第7地雷対策部隊(MCMRON 7)、第76/3任務部隊、第7遠征打撃群に配属されたウォリアーは、米第7艦隊の責任下で日本の佐世保に派遣され、地雷対策作戦を支援している。 開かれたインド太平洋地域。

米国第7艦隊は米国海軍最大の前方展開艦隊であり、自由で開かれたインド太平洋地域の防衛のために同盟国やパートナーと定期的に交流している。







取得されたデータ: 2024 年 5 月 18 日
投稿日: 2024 年 5 月 18 日 07:04
ストーリーID: 471644
位置: 日本






Web ビュー: 34
ダウンロード: 0

パブリックドメイン

READ  エクイニクス、1 億 1,500 万ドルのデータセンターで日本でのフットプリントを拡大