8月 9, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

EAFFE-1Cのタイトルを獲得するために中国と結ばれた日本女性

日本の女子は火曜日に東アジアサッカー連盟E-1選手権で2度目の優勝を果たし、中国と0-0で引き分けた。

韓国を2-1、台湾を4-1で破った後、なでしこジャパンは銀器を確保するために引き分けが必要なことを知り、鹿嶋スタジアムで仕事を終えました。

オーストラリアとニュージーランドでの2023年のワールドカップを念頭に置いて、キャプテンの清水理沙は、「私たちはその勝利の習慣をさらに強化したいと考えており、来年の良いスタートです」と語った。

「(このトーナメントから)タフな試合中に諦めないことで力を得た。最大のメリットは、タフな試合を勝利とタイトルに変えることだった。」

2022年7月26日、茨城県立カシマスタジアムで中国と0-0で引き分け、東アジアサッカー連盟E-1選手権のタイトルを獲得した後、日本の女子代表選手とマネージャーの池田太(Fur L)がトロフィーを掲げてポーズをとる。二回目。 (京都)

日本を拠点とする若い日本側は、中国に対する努力の大部分を享受しましたが、お祝いの目標を達成するための最後の仕上げを欠いていました。

しかし、池田太監督はトーナメント中のチームの努力に満足していた。

「プレーヤーはすべてのゲームを成熟させており、多くは活気に満ちている」と彼は語った。 「彼らにとって、競技会で表彰台の上に立つことがどのようなものかを知ることは素晴らしいことです。」

日本は中国に2ポイント差の7ポイントでトーナメントに勝った。 韓国は4ポイントで3位に終わったが、台湾は勝てなかった。


関連する報道:

サッカー:日本の女性がE-1C’shipで台湾に4-1で勝利して跳ね返る

サッカー:なでしこジャパンがE-1C’shipオープナーで韓国に勝った


READ  日本のクラブでトレーニングするミャンマーのサッカー選手