6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

[ED] 日本の過剰な需要 – コリアタイムズ

NAVERに東京ラインの株式を売却するよう圧力をかけるのはやめてください

ユン・ソクヨル政権は、日本最大のインスタントメッセージングアプリで国内ナンバーワンのLINEの株式を売却するよう求める日本政府の圧力に対応している。 1はオンラインポータル運営会社ネイバーに支持を表明した。 大統領府は火曜日、外務省および情報通信省とともに、ネイバーの立場を十分に尊重しながら、ネイバーを支援するための共同アプローチを採用することを約束した。 我々はこの取り組みを、国内企業の利益を外部圧力から守る取り組みとして歓迎する。

これに先立ち、日本の総務省は、11月に韓国にあるNaverのクラウドサーバーからデータが流出したことを受け、東京に拠点を置くNaverの運営会社LY Corpに対し、Naverとの資本関係を見直すよう要請した。 LY を運営する LY Corp. は、Naver とソフトバンクのコンソーシアムです。 さらに重要なことは、日本政府が最近、国家運営の個人情報保護委員会(PIPC)に対し、ハッキング事件についてさらなる調査を行うよう要請したことである。。 しかし、現地語の朝鮮日報の木曜日の報道によると、韓国政府は個人情報侵害の影響は最小限であるとして、要請に応じなかったという。

日本の外務省のガイドラインに促され、ソフトバンクは日本のLYコーポレーションが所有するAホールディングスのネイバー株50%の一部を取得する準備を進めている。 Pressureの64.5%を所有するこの合弁会社は、ソフトバンクからアプリの経営権を奪うことを目指している。 Naver 以来、コーポレートガバナンスとデータ保護に関する物議を醸す議論を引き起こしました。

LY株式会社サーバーへのハッキング攻撃により約44万件の個人情報が流出したことを認めた。 ただし、ユーザーへの影響は限定的であったとも指摘した。 同社が認めたにもかかわらず、この事件に対する日本の「不適切な」介入は続き、ネイバーの経営力学と二国間経済関係への広範な影響について新たな懸念が生じた。

このような状況を背景に、日本政府がネイバーに対する株式売却の圧力を強めるのは不合理だろう。 これは2003年に発効し、両国間の投資企業に最大限の優遇措置を保障する韓日貿易協定に違反する。 現在9,600万人のユーザーを抱えるLINEを日本企業にしようとする日本の動きは、民間企業のコーポレートガバナンスへの明らかな介入を意味しており、あからさまに反市場的なアプローチであるとの批判を引き起こしている。

韓国政府は日本の圧力強化を阻止するためにもっと積極的な役割を果たすべきだ。 ネイバー社の利害を日本の外交問題にすることは、韓国を疎外させ、両国間の不信を深める危険がある。

国際的な前例に沿って、米国議会は中国のアプリ「TikTok」の販売を義務付ける法案を可決し、国益と世界市場の動向とのバランスの複雑さを浮き彫りにした。 この措置は、中国のような敵対者による情報搾取の可能性を制限するために講じられたものです。 しかし、ソウルと東京は敵国ではない。 彼らは友好的で協力的な隣人であり、協力と相互利益の歴史を共有しています。

この慣行は世界市場では一般的ですが、日本の人口データが外国に支配される可能性についての懸念は理解できます。 しかし、市場志向の民主政府は外国企業の財産権を侵害することを控えるべきである。

尹政権は文在寅前政権時代に悪化した日本との関係改善に熱心だ。 第二次世界大戦中に強制動員された韓国人労働者の厄介な問題に関して、尹政権は被害者を第三者が補償する制度を提案した。 冷え切った二国間関係は、国家元首間のシャトル外交の再開により大幅な改善を示した。

しかし、残念なことに、ネイバーにLY Corpの株式を売却するよう要求した日本政府の措置は、二国間関係を緊張させることが懸念されている。 韓国を敵国扱いするようなものだ。 日本は、不適切な行動の結果生じる可能性のある反発に対して全責任を負わなければならない。 私たちは日本に対し、無謀な要求をやめるよう求めるとともに、韓国政府に対し、この行き詰まりを解決するために微妙で慎重な外交アプローチを追求することを奨励します。

READ  ユーロ米ドルは一時停止し、日本円は下落。 ユーロ/米ドルとユーロ/円が高くなる?