6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Factorial が日本での事業を発表、EV 全固体電池メーカーが人材獲得の機会を拡大し、アジアでのサプライヤー関係を強化

Factorial が日本での事業を発表、EV 全固体電池メーカーが人材獲得の機会を拡大し、アジアでのサプライヤー関係を強化

Factorial が日本での事業を発表、EV 全固体電池メーカーが人材獲得の機会を拡大し、アジアでのサプライヤー関係を強化

ファクトリアル株式会社 (Facttorial) は、電気自動車 (EV) アプリケーション向けの全固体電池技術の開発をリードする企業であり、日本での新たなプレゼンスを発表しました。 Factorial の日本でのプレゼンスは、Factorial の成長とアジア市場への投資の一環として韓国に新しいオフィスを開設するという最近の発表に続くものです。

日本でこのプレゼンスを確立することで、この地域での確固たる地位が確立され、日本の主要サプライヤーやその他の主要パートナーとの協力と関係管理が強化され、経験豊富なバッテリー人材へのアクセスが可能になります。

シウ・ファンFactorial の CEO は次のように述べています。

日本は全固体電池と材料開発のリーダーであり、全固体電池 EV 電池技術の世界的な開発において、Factial が主導的な地位を維持するためには、当社の人材とサプライヤーとの関係を強化することが不可欠です。

Factorial は、電動モビリティ向けの次世代バッテリー技術を開発しています。 同社はすでに自動車メーカーのメルセデス・ベンツ AG、ステランティス NV、ヒュンダイ モーター カンパニーと提携しており、将来の乗用車や商用車向けの安全で高性能なソリッドステート EV バッテリー セルを開発しています。

株式会社Factialialについて

マサチューセッツ州ウォバーン、Factorial Inc. iに基づいて、1回の充電でより長い航続距離と安全性の向上を実現し、従来のリチウムイオン電池とのコスト競争力が期待される画期的な全固体電池を開発しています。 同社独自の FEST™ (Fusion Electrolyte System Technology) は、高効率のカソードおよびアノード材料で安全で信頼性の高い電池性能を可能にする可能性を秘めた固体電解質材料を利用しています。

FEST™ は 40Ah セルで測定され、室温で動作し、既存のリチウム イオン電池製造装置と互換性があります。 同社はメルセデス・ベンツ、ステランティス、現代自動車と共同開発契約を結んでいる。 詳細情報を探す www.factorialenergy.com.

によると 最新の バッテリーニュース バッテリー市場の形成

日本、ウォーバーン、マサチューセッツ州 & TOKYO、階乗関数を宣言します 2022 年 12 月 7 日

READ  瀬戸選手と渡辺選手が平泳ぎ200mでそれぞれ2:01を記録