4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

FRBの主要なインフレ指標は予想通り年率2.8%上昇した

FRBの主要なインフレ指標は予想通り年率2.8%上昇した

変動の激しい食料とエネルギーコストを含めたヘッドラインのPCE測定値は、予想の0.4%と2.5%と比較して、月間で0.3%、12か月平均で2.5%の増加を示した。

株式市場と債券市場は聖金曜日の祝日のため休場となった。

FRBは政策を決定する際に両方の指標を考慮するが、長期的なインフレ圧力を測るにはコアの方がより適切な指標であると考えている。 FRBは年間インフレ率2%を目標としています。 コア PCE インフレ率はここ 3 年間、この水準を下回っていません。

Gスクエアード・プライベート・ウェルスの最高投資責任者、ビクトリア・グリーン氏は「特に驚くようなことはない。明らかにFRBが知りたい数字ではないが、月曜日に仕事に戻るときにこの数字に驚かれる人はいないだろう」と述べた。 .CNBCの場合。 「誰もがすぐに方向転換して、おそらくここに弱点や亀裂が見られるとしても、インフレと個人消費支出のこのわずかな横ばいはそれほど問題にならないだろう、と言うだろう。」

エネルギーコストの上昇により、見出しの数字は 2.3% 上昇しました。 食品指数は0.1%上昇した。 インフレ圧力は、サービスの0.3%増加と比較して、商品によるものであり、0.5%増加した。 これは過去 1 年間の傾向を逆転させ、サービスが 3.8% 増加した一方、商品は実際には 0.2% 減少しました。

その他の上昇圧力は、海外旅行サービス、航空輸送、金融サービス、保険からもたらされました。 商品面では、自動車およびスペアパーツのカテゴリーが最大の寄与を占めた。

インフレの上昇に伴い個人消費も前月比0.8%増加し、予想の0.5%を大幅に上回っており、さらなるインフレ圧力の可能性を示している。 個人所得は0.3%増加し、予想の0.4%を若干下回った。

この発表は、中銀が短期借入の基準金利を再び据え置き、引き下げを検討するほどインフレ率がまだ十分に進展していないことを示唆してからわずか1週間余りで行われた。 四半期ごとに更新される金利予想の中で、FOMCメンバーは今年と2025年に3四半期ポイントの利下げを改めて指摘した。

市場では、FRBが5月1日に決定を発表する際には再び保有パターンを維持し、その後6月11~12日の会合で利下げを開始すると予想されている。 CMEグループのフェドウォッチによる先物市場の動きによると、市場の価格設定は連邦公開市場委員会の3回の利下げ見通しと一致している。

READ  民主党の委員長は、ガス価格の上昇の中で証言するために石油部門のCEOを招待します