10月 7, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

FRBの利上げと積極的な売りの後、先物は再び下落した

FRBの利上げと積極的な売りの後、先物は再び下落した

株式先物は安かった 金曜日の朝、投資家は連邦準備制度理事会の利上げと景気後退の可能性への懸念に反応し続けました。

Nasdaq 100 は 0.51% 下落しました。 ダウ・ジョーンズ工業株平均先物は 133 ポイント(0.44%)下落しました。 S&P500先物は0.46%安。

コストコ 株式は長期取引で約 2.6% 下落しました。 小売業者は、アナリストの予想を上回る第 4 四半期の収益と利益を報告しましたが、送料と人件費の上昇が見られます。

木曜日がもたらした 損失の別の日 市場は、開始した週をまだ下回り、終わろうとしています。 Nasdaq Composite は 1.4% 下落して 11,066.81 でした。 S&P 500 は 0.8% 下落して 3,757.99 となり、ダウ ジョーンズ工業株平均は 107.10 ポイント下落して 30,076.68 で、0.3% 下落しました。

最近の反動で、ダウは今週 2.4% 下落しました。 S&P とナスダックは、これまでの週でそれぞれ 3% と 3.3% 下落し、わずかに急落しました。

債券利回りも継続 上向きに昇る2 年および 10 年の国債は、10 年以上にわたって見られなかった水準にあります。

産業、消費者の評価、成長技術、および半導体は、経済の成長が鈍化するという懸念の中で打撃を受けています。 一方、ディフェンシブ株はアウトパフォームした。

マリナー・ウェルス・アドバイザーズのシニア・ウェルス・アドバイザー、ティム・レスコ氏は、「誰も制御できないと思われるこのボラティリティを手に入れました。

レスコ氏は、米連邦準備制度理事会(FRB)が今週利上げを75ベーシスポイント引き上げる決定を下し、フェデックスのラジ・サブラマニアム最高経営責任者(CEO)を務めたことを受けて、景気後退が間近に迫っている可能性を受け入れる投資家が増えていると述べた。 先週CNBCで言った 彼は誰かが差し迫っていると思った. それが実現すれば、投資家は異なる反応を示すだろうとレスコ氏は述べた。

「ある時点で、彼らは景気後退が世界の終わりを意味するものではないことに気づき、再び株を積み始めるだろう」と彼は言った。 「しかし今のところ、私たちは空が落ちてくるかのように行動しています。」

READ  Cryptoverse:Fire NFT