7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

G7首脳、ウクライナへの500億ドルの融資計画で合意

G7首脳、ウクライナへの500億ドルの融資計画で合意

バイデン大統領が立場を逆転し、ロシア領内への米国兵器の発射を承認してから2週間後、バイデン大統領と最も近い同盟国は、ロシアの金融資産の収益をウクライナ再建に役立てるため、別の種類の攻撃の準備を進めている。

世界最大の西側経済諸国は2年間、クレムリンが2022年のウクライナ侵攻開始後に西側金融機関に残した凍結されたロシア資産3000億ドルの扱いを議論してきた。

現在、西側諸国がこれらの資産をウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領政府に合法的に引き渡すことができるかどうかについての長い議論を経て、同盟国は妥協点に近づいているようで、イタリアでのG7サミットで発表される予定だ。

世界で最も裕福な主要民主主義国を含むG7は、破壊されたインフラを再建するための500億ドル近いウクライナへの融資を承認しようとしているが、この融資は凍結されたロシア資産から得られる利子から返済されることを理解している。 西側当局者らが明らかにした。 しかし専門家らによれば、たとえこの金額であっても、新しいウクライナの建設にはほんのわずかにしかならないという。

資金提供の発表は今週のサミットの一部に過ぎず、その内容はロシアの新たな勢いを逆転させる方法からイスラエルとハマスの停戦に至る方法まで多岐にわたる。 バイデン氏の国家安全保障問題担当補佐官ジェイク・サリバン氏は、バイデン氏とゼレンスキー氏が木曜日に会談し、安全保障協定に署名すると述べた。

サリバン氏は空軍機内で記者団に対し、「米国がウクライナ国民を支援し、彼らの側に立っていること、そしてそれが明日だけでなく将来にわたって彼らの安全保障のニーズを満たすのに役立ち続けることを示したい」と語った。 一人はイタリアに行く途中です。

「これに署名することで、我々の決意をロシアに伝えることになる」と付け加えた。 「ウラジミール・プーチン大統領が、ウクライナを支援する連合軍よりも長く生き残ることができると考えているなら、それは間違いだ。」

サミット中には、人工知能の力の活用に焦点を当てた首脳と教皇フランシスコとの会談など、首脳らが現在の危機の先を見据えようとする瞬間もあるだろう。

ローン契約とともに、 一連の新たな制裁 この制裁は、ロシアの防衛産業基盤を再構築しようとする中国の取り組みに対抗することを目的としており、27か月にわたる紛争の危険な瞬間にウクライナを支援し、ロシアを妨害するための最新の取り組みの一環である。

しかし、欧州諸国は、NATO離脱について公然と発言しているドナルド・J・トランプ前大統領が2025年の会合までに政権に復帰する可能性に備えている。英国のリシ首相を含む多くの首脳が出席した。スナク氏とフランスのエマニュエル大統領は、ヨーロッパを再定義する可能性のあるマクロン選挙に直面している。

バイデン氏は、11月に何が起こるかに関係なく、米国がウクライナとの戦争を続けるつもりであることをゼレンスキー氏をはじめとする同盟国に説得するというハードルに直面している。 今春、610億ドルの新たな軍需品と防空費の議会承認が大幅に遅れ、ウクライナの人命、領土、戦術的軍事的優位性が犠牲になったことをバイデン側近は認めている。

バイデン氏は先週フランスでゼレンスキー氏に対し、「何が起こるか分からなかった数週間を謝罪する」と述べ、その責任は議会の共和党にあると述べた。 「非常に保守的な議員の一部がそれを妨害していた」と彼は語った。

しかし、議会での反対勢力の範囲を考えると、今回の大規模な軍事政策の投入が最後になる可能性があるのか​​という疑問も生じており、西側諸国の更なる攻撃を撃退するために残りの同盟国を結集させた西側の指導者としてのバイデン氏の主張が脅かされている。連合軍。 ウラジーミル・プーチン大統領。

イタリアのサヴェルトレで開催されたG7サミットの会場。クレジット…クラウディア・グレコ – ロイター

戦争が重大な局面を迎えた今、G7首脳らは、大部分が欧州の金融機関に保管されているロシア中央銀行の凍結資産3000億ドルの使途を巡る数カ月にわたる審議を終了する準備を進めているようだ。 ウクライナに経済援助を注入するのが狙いだ。

先週のノルマンディー訪問中、バイデン氏は最後の抵抗勢力の一つであるフランスに合意を支持するよう説得したようだ。 フランスのエマニュエル・マクロン大統領は歴訪の終わりに記者団に対し、「すべてのG7加盟国がウクライナのために500億ドルの連帯基金を創設することに同意することを望む」と述べた。

バイデン政権は大規模な内部議論を経て、資産の完全差し押さえを迫っていた。 しかし、資金の大部分が保管されている欧州では、国際法違反となる恐れがあるため、この考えは機能しなかった。

欧州連合は、ベルギーの中央証券保管機関であるユーロクリアに保有されている中央銀行資産の利子を、年間約30億ユーロのウクライナへの供給に充てることで合意した。

しかし、バイデン政権はウクライナにより多くの資金を前払いして提供したいと考え、その利息を米国や他のG7諸国が直ちに提供できる融資の裏付けとして利用する計画を策定した。

融資の規模は500億ドルに達する可能性があり、ロシアの資金から得られるいわゆる棚ぼた利益を通じて時間をかけて返済されることになる。

ここ数週間、G7財務相らはこの融資がどのように機能するかという複雑な詳細について交渉を試みてきたが、多くの未解決の問題がまだ解決されていない。 当局はこの資金が実際にどのようにウクライナに送金されるかを見極めようとしており、世界銀行などの機関を仲介者として管理することを検討している。

債券の満期前に戦争が終わったり、金利が低下して資産収益がローンを返済するには不十分になったりした場合、ローンがどのように返済されるかは不透明だ。

ジョン・E・ハーブスト 大西洋評議会ユーラシアセンターの上級ディレクターで元駐ウクライナ米国大使は、特に議会の膠着と米国によるウクライナへの金融支援の遅れを受けて、資産の解放はG7にとって非常に重要であると述べた。 特定の武器。

同氏は、「政権は議会が行動を起こすとすぐに、ウクライナへの援助を急いだ。そしてその名誉のためにもだ」と述べた。 「しかし、特に現時点では、ウクライナが必要とするものを入手するのが遅れている。これはアメリカだけの失敗ではなく、連合全体の失敗だ。」

アリゾナ州立大学マケイン研究所のエグゼクティブ・ディレクターで、バラク・オバマ大統領の下でロシア、ウクライナ、ユーラシア担当の国防次官補を務めたエブリン・ファルカス氏は、凍結資産の解除は「ゲームチェンジャー」になるだろうと語った。

ファルカス氏は、米国の遅れで欧州の意識が「米国は信頼できないので代替案を考え出さなければならない」という考えに集中する可能性が高いと述べた。

「彼らが集中力を維持できることを願っています」と彼女は言った。

アラン・ラパポート レポートに貢献しました。

READ  イエメン、ホデイダ攻撃への反応としてエイラートのイスラエル目標を弾道ミサイルで攻撃