7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

G7 エネルギー、環境リーダーが気候戦略を交渉

G7 エネルギー、環境リーダーが気候戦略を交渉

札幌、日本 >> 裕福な 7 か国 (G7) のエネルギーおよび環境大臣が土曜日に会合し、化石燃料に大きく依存している世界の現実と、気候変動の最悪の影響を食い止めるために炭素排出を終わらせる緊急の必要性とを調和させました。

5月に広島で開催されるG-7サミットに先立ち、日本の北の都市である札幌での会議は、前進する最善の方法についてコンセンサスを構築することを目的としています。

しかし、特にウクライナでの戦争がエネルギー安全保障に関する懸念を深め、その努力を複雑にしているときに、炭素排出をどのように、そしてどれだけ早く終わらせるかについては意見の相違が続いています。

札幌での講演では、生物多様性の喪失やその他の地球規模の課題にも焦点が当てられます。 しかし、気候変動は非公開会議の議題のトップです。 昨年ドイツで開催された G7 サミットで、各国は 2035 年までに電力供給の完全または大部分の脱炭素化を達成するという共通の目標を設定しました。

日本は、再生可能エネルギーへの移行の一環として、いわゆるクリーン コール、水素、原子力に独自の国家戦略を集中させてきました。 米国の当局者はそのアプローチへの支持を表明しており、他の当局者は再生可能エネルギーへのより迅速な移行を推進しています。

G-7 諸国、特にヨーロッパでは排出量が減少し始めていますが、世界的には依然として増加しており、特にインドや中国などの経済規模が大きく、ますます裕福になっている経済では、最大の問題の 1 つとなっています。

米国エネルギー長官のジェニファー・グランホルムは、金曜日のAP通信とのインタビューで、G-7諸国が模範を示してリードすることを望んでいる.

「私たちは、これらの国がこれを行うことができると期待しており、これらの投資を最初に行うことができる国は、技術がコストを下げるので、他の国が同じことを行うことができるという希望を与えます.

アラスカの石油が豊富なノーススロープでのウィロープロジェクトのような化石燃料イニシアチブに対する米国政府の承認は、環境への影響と、炭素排出量を削減し、クリーンエネルギーに移行するというジョー・バイデン大統領の公約に反する行動をとったとして、批判を集めています。

グランホルム氏は、気候に優しい政策には強力なビジネスケースがあり、2030 年までにクリーンエネルギーの世界市場は 23 兆ドルに達すると述べています。

「人々は、人々がこの地域で仕事を得ているのを見ています。 ガソリン代を払う必要のない電気自動車の初心者は、EV の方がはるかに安く運転できることを知っています。 日本の指導者たちは、彼らが「水素社会」と呼んでいるものにおける最新技術のショーケースである、世界初で唯一の液体水素キャリアであるSuisoを視察した際に語った。

日本の農地には、作物よりも多くの太陽光パネルが播種されており、高速の海岸線には風力タービンが点在していますが、2030 年までにエネルギーの 60% が化石燃料に由来し、再生可能エネルギーが 38% を占めると予想されています。 % 再生可能燃料と原子力が残り。

札幌では、日本は「GXトランスフォーメーション」計画の承認を求めています。この計画は、エネルギーの自給自足を促進し、地球温暖化の原因となる炭素排出を段階的に削減するように設計されていると、その指導者は述べています。

この戦略を支援する法律は、議会の強力な下院による承認が必要ですが、脱炭素化への官民共同投資で 150 兆円 (1.1 兆ドル) を達成することを期待して、20 兆円 (1500 億ドル) のグリーン トランジション ボンドを発行する予定です。 ) この法律は、企業が二酸化炭素排出量に対して支払うことを要求する炭素価格設定システムもサポートしています。

環境保護論者は、この計画は、水力発電、波力発電、地熱発電、風力発電、太陽光発電などの再生可能エネルギー源への移行を弱体化させながら、低迷している国の原子力産業を生命維持に保つと述べています。

「世界が気候変動とエネルギーという 2 つの危機に対処しようとしているとき、特に日本では、再生可能エネルギーを大幅に増やす必要があります」と、768 の会員企業と 768 のメンバー企業と団体からなる非政府組織である Japan Climate Initiative の共同代表である武次郎剛氏は述べています。組織、今週初めのオンライン会議で述べた。

「日本での議論は、20世紀にさかのぼります。 議論を後退させるのではなく前進させるためには、くさびを打ち込む必要があります」と彼は言いました。

水素エネルギーは排出量がゼロで、水しか生成しないため、JCI やその他の環境団体は、水素キャリア Suizo Frontier の作成につながった日豪共同プロジェクトの重要な部分である、石炭から生成される水素エネルギーの追求に疑問を投げかけています。

このプロジェクトは経済産業省によって開始され、炭素排出量の削減よりも産業の発展に重点が置かれていることを反映していると、環境団体気候ネットのメンバーである桃井貴子氏は最近のオンライン イベントで述べた。

JCI は札幌での会合で、カナダ、ドイツ、イギリス、イタリアは、日本の 2030 年目標よりも多くの電力を再生可能エネルギー源から得ており、進捗が遅いにもかかわらず、使用を段階的に廃止していると語った。 化石燃料の中で、米国は 2035 年までに再生可能エネルギーからより多くの電力を得るでしょう。

剛さんは「時は過ぎた。変化の窓は閉ざされつつあるが、希望はまだある。危機感を転換点にしないといけない」と語った。

G-7 システムには、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国、英国が含まれます。 ———

APライターの山口が東京から寄稿。

READ  日本のカニアイスクリームは、シーフードとスイーツが本当に好きかどうかをテストするためにここにあります