12月 5, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

IAEAは、被害を受けた日本の原子力発電所からの水排出量を検討している

東京(API)-国際原子力機関(IAEA)は月曜日に、破壊された福島第一原子力発電所から100万トン以上の浄化された放射性水を海に放出する日本の計画の検討を開始したと日本は信じている。 計画への自信。

15名のメンバーからなるチームは、火曜日に福島工場を訪問し、5日間のミッションで政府や公益事業の関係者と会う予定です。

政府と東京電力ホールディングスは昨年、汚染水をさらに浄化・希釈した後、2023年春に徐々に排出を開始すると発表した。

損傷したプラントの約1,000のタンクに水が貯蔵されており、炉を停止できるように当局が処分する必要があります。 タンクは今年後半に137万トンの容量に達すると予想されています。

2011年の大地震と津波により、福島工場の冷却システムが破壊され、3つの原子力発電所が溶解し、大量の放射線が放出されました。 事故後、最も多くの放射線被害を受けた原子炉センターを冷却するために使用された水は、その後大量に漏れています。

漁師、地元の人々、そして中国や韓国を含む日本の隣国は、海への水の放出に強く反対しています。 福島の住民は、農産物や漁業製品の評判がさらに損なわれるのではないかと心配しています。

日本は、このリリースが国際安全保障基準を満たし、他国の理解を得られるようにするために、IAEAの支援を求めた。

IAEAの安全保障調整局の所長であるグスタボ・カルーソ氏は月曜日、「客観的、信頼できる、科学的根拠に基づいて、日本およびそれ以降の人々に透明性と信頼のメッセージを送る」と述べた。

チームは、水、排出保護、サンプリング方法、環境への影響に関する詳細を検討すると彼は述べた。 パネルには、韓国や中国を含むいくつかの国からの専門家が含まれています。

当局は、汚染された水で浄化するために選択されたすべての同位体は、水から分離できないがわずかに無害であるトリジウムを除いて、低レベルに減らすことができると言います。 彼らは、何十年もの間海水で希釈された水を徐々に放出することが安全であると言います。

産業省の福島第一原子力発電所の災害対応を率いる湯本圭司氏は、プロジェクトの安全性への懸念を指摘し、IAEAのレビューは「国民の理解を深める」ために「非常に重要」であると述べた。

東京電力の精製水管理の最高経営責任者である松本淳一氏は、このアプリケーションはセキュリティと地域の評判への影響を優先すると述べた。

月曜日にIAEAと政府当局者との会合に出席した松本氏は、「透明性と客観性を確保することがプロジェクトの鍵である」と述べた。 「レビューに基づいて、プロセスの客観性と透明性をさらに向上させたいと考えています。」

日本とIAEAは、今年後半にレビューに関する中間報告をまとめることに合意した。

READ  Modernaが厚生労働省からCOVID-19ブースターショット承認を申請-NHK