9月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

[ICE TIME] 日本はラトビアのジュニアグランプリでさらに2つのメダルを獲得し続けています

[ICE TIME] 日本はラトビアのジュニアグランプリでさらに2つのメダルを獲得し続けています

日本勢の好スタート ジュニアグランプリ 中田リオとシーズンは週末も続いた 中井亜美 どちらもラトビアのリガで舞台を作りました。 中田選手は9月10日(土)の男子種目で2位、中井選手は前日の女子種目で3位入賞。

中田選手、中井選手ともにJGPデビューという素晴らしい結果でした。

9月8日のショートプログラム当日に14歳になった中田は、合計200.17点でフィニッシュ。 イタリアのニコライ・メモラが225.76点で優勝、カザフスタンのラハト・プリリンが199.38点で3位となった。

特に、メモラはナカタよりも経験豊富です。 このイタリア人は 11 月に 19 歳になります。

新潟県出身の14歳の中井選手は185.62点で惜しくも2位を逃した。 韓国のジア シンが 194.68 点で優勝し、アメリカのソーホー リーが 185.92 点で続いた。

全文を読んで、 ここジャパンフォワードのスポーツ専用サイトでは、 スポーツルック.

著者: ジャック・ギャラガー

著者は、ベテランのスポーツ ジャーナリストであり、フィギュア スケートの世界有数の専門家の 1 人です。 著者ページでジャックが書いた記事やポッドキャストを見つけてください。 ここTwitterで彼を見つけて @スポーツジャパン.

READ  サイクノは、ヴァルキリーが日本への旅行に参加しなかったことを確認します