4月 23, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

J.D.マルティネスがメッツと1年1200万ドルの契約に署名:情報筋

J.D.マルティネスがメッツと1年1200万ドルの契約に署名:情報筋

フリーエージェント市場で今季最高の打者、大谷翔平が新たな居場所を見つけた。

昨シーズン好調を取り戻したJ.D.マルティネスは木曜日、身体検査を待ってニューヨーク・メッツと1年1200万ドルの契約を結んだとリーグ関係者は語った。 MLBネットワーク内部関係者のジョン・ヘイマン氏がこのニュースを最初に報告した。

この選手の追加により、メッツはその忍耐が報われた。なぜなら、この強打者は価格が下がるのを待つ前に、オフシーズンの早い段階でターゲットとして特定されたからである。 マルティネスは、ニューヨークが待ち望んでいたメッツのラインナップにおいて、ピート・アロンソに続く強力な脅威となる。 メッツは、まだ実績のない若手選手マーク・ビエントスをDHとして迎えてスプリングトレーニングに入ったが、マルティネスの価格は手放すにはあまりにも優れたものになっていた。

昨シーズン、アロンソは試合の大部分をヒットの整理に費やしたが、メッツの5番打者はOPS.652を記録し、デトロイト・タイガース(.639)とオークランド・アスレチックス(.620)だけを上回った。 また、メッツのDHのOPSは.700と貧弱だった。 この位置からの生産性が悪化したのは 5 チームだけでした。

36歳のマルティネスはフリーエージェント市場で最も実績のある選手だった。 彼はオータニのようなオールラウンドなスタイルや最近の成績を持っていないが、過去3シーズン連続を含めてシルバースラッガー3回とオールスター選出6回を持っている。 2014年に攻撃面で飛躍を遂げて以来、マルティネスは10年間プレーし、OPS.908を記録している(これはマイク・シュミット、ケン・グリフィー・ジュニア、ゲイリー・シェフィールドの通算OPSマークよりわずかに高い)。

加齢と、特に背中のしつこい怪我により、マルティネスはフィールドでプレーする能力を失ったが、それでも30代半ばまで現役を続けた。 ロサンゼルス・ドジャースに在籍した昨年、彼はOPS.893を記録しており、出場資格を得るのに十分な打数を残していれば野球界で11番目に良かったであろう。 昨シーズンの彼のOPS+(134)とwRC+(135)は、大谷以外の今冬のフリーエージェントの誰よりも高かった。 アスリートビッグボードは彼を市場で24番目に優れた選手、そして11番目に優れた選手にランク付けした。

さらに深く進む

J.D.マルティネス、成功した伝道活動をドジャースにもたらす:「とにかくやり続けなければならない」

昨年の冬にマルティネスと1年1000万ドルの契約を結んだドジャースは、このオフシーズンにクオリファイング・オファーを与えることを拒否したが、これはドラフト指名権を失うことなく契約が得られることを意味する。

マルティネスとの有利な点は明らかだ。 31.1パーセントの奪三振率はキャリア最高で、7.1パーセントの与四球率は最低だったものの、昨シーズンも猛打を続けた。 スタットキャストによると、彼のハードヒッター率、バレル率、平均脱出速度は、メジャーリーグの打者の中で98パーセンタイルに入っていたという。


マルティネスはレッドソックスで2018年のワールドシリーズを制覇した。 (ネイサン・レイ・シビック/USA Today)

欠点は、マルティネスが昨年わずか113試合に出場し、過去2年間では外野で112イニングしか投げていないことだ。 昨シーズンは腰の張りと鼠径部の負傷で欠場し、8月下旬に最終的にILに行くまで何週間も悩まされた。 復帰したとき、彼は相変わらず好調で、シーズン最後の21試合で8本塁打を打った。 彼はディビジョンシリーズに再び戻ってきた。 シーズン全体としては、マルティネスの厄介な腰が後半に明らかに打撃を受け、オールスターブレイク後に打率が.400にとどまった2022年からの大幅な回復となった。

当時、35歳でのこの残念な結果は、マルティネスがキャリアの全盛期の終わりに来ているかもしれないことを示しているように見えた。 マルティネスは2014年3月、主に20巡目指名でヒューストン・アストロズから放出された。 当時、彼はメジャーリーグでの3年間の残念なキャリアの中で、OPS+88を記録していた。

数日以内に彼はタイガースを圧倒し、ほぼ即座に攻撃力としての地位を確立しました。 打ち出し角革命を早くから取り入れたマルティネスは、タイガース入団1年目でOPS.912を記録し、翌年には初のオールスターチーム入りを果たした。 彼は2017年7月にアリゾナ・ダイヤモンドバックスにトレードされ、62試合で29本塁打、OPS1.107という素晴らしい後半戦を見せた。

2018年、マルティネスはボストン・レッドソックスと5年契約を結び、チャンピオンシップ名簿の最後の一員であることが証明された。 彼はボストンでの5年間のうち4年間でオー​​ルスターチームに選出され、その後ロサンゼルスで地位を確立し、有意義なオフェンスのアップグレードとして再びフリーエージェント市場に参入した。

必読

(トップ写真: Joe Camporeale/USA Today)

READ  ライアン・ボウルズがスターターを追加 - Chicago Tribune