6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

MLB、レイズのワンダー・フランコに対するソーシャルメディアでの疑惑を調査中

MLB、レイズのワンダー・フランコに対するソーシャルメディアでの疑惑を調査中

タンパベイ・レイズは日曜日の夜、複数の報道機関への声明で、メジャーリーグベースボールが遊撃手のワンダー・フランコに関するソーシャルメディアの投稿を調査していることを認め、球団は「デューデリジェンス」を実施する中でリーグと「緊密に連絡を取っている」と述べた。

レイズは声明の中でソーシャルメディアコンテンツの性質については明らかにしなかった。 しかし日曜日、22歳のフランコが未成年者と不適切な関係を結んだと主張する投稿がネット上に出回った。

レイズは声明で「今日の試合中に、ワンダラー・フランコに関するソーシャルメディアの投稿が出回っていることに気付いた」と述べた。 「我々は状況を非常に深刻に受け止めており、メジャーリーグベースボールと緊密に連絡を取りながらデューデリジェンスを行っている。」

タンパベイのケビン・キャッシュ監督は、日曜日にレイズがガーディアンズに9対2で敗れた試合でフランコがプレーしなかったことについて、「ただの休みだった」と語った。

キャッシュ氏は記者団に対し「憶測は承知している。それについてはこれ以上コメントしない」と語った。 「しかし、その日が休みだったのは、その日が休みだったからです。」

タンパベイ加入3年目のフランコは、今シーズン初のオールスター昇格を果たした。 レイズの過去20試合はいずれも日曜までに始まっている。 タンパベイ・ジャイアンツは次は月曜日にサンフランシスコでジャイアンツと対戦する。

(写真: Thomas Skrlj/MLB 写真、Getty Images)

READ  アメリコップでのアメリカ対ベネズエラの試合は、体育館で雨が降った後、延期されました