4月 19, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASA、4月8日の日食中に爆発する「悪魔の彗星」が71年ぶりに復活すると発表

NASA、4月8日の日食中に爆発する「悪魔の彗星」が71年ぶりに復活すると発表

悪魔のようなあだ名を持つ珍しい巨大彗星が、71年ぶりに地球の近くを通過する予定で、4月8日に予想される皆既日食の際に見えるかもしれない。 NASAによると

正式には彗星 12P/ポンズブルックスと呼ばれるこの氷の火山彗星は、氷とガスの 2 本の「角」と周期的な爆発のため、「悪魔の彗星」として知られています。

彗星は次のもので構成されています 粉塵、凍結ガス、氷、岩石 NASAによれば、これらの惑星は太陽系の形成後に互いにつながっているという。

NASAによると、サタン彗星は近日点で次の進路に向かっており、そこで4月21日に太陽に最も近く、最も鮮明な姿で輝くことになる。 同局によると、この天文現象は、北米で4月8日に起こる皆既日食と一致しており、月が太陽と地球の間を通過する際に、テキサス州からメイン州に至る米国の一部に影が落ちることになる。

皆既日食中に突然太陽光が不足すると、 NASAは言った スカイウォッチャーは、星、惑星、そしておそらく太陽系を通過する12P/ポンズブルックスを観察できるほど暗い広大な空を眺めることができます。

同局は、「彗星12Pが4月21日に近日点を通過するのは、太陽が完全に食われた状態で彗星が地球の空に位置する4月8日の皆既日食からわずか2週間後となる」と述べた。

太陽系を通過し続ける12P/ポンズ・ブルックスは6月2日に地球に最接近し、サタン彗星を見るもう一つの機会となるが、太陽からの距離により日食時よりも見えにくくなる。 専門家らは以前ABCニュースに語った。

みたいです ハレー彗星太陽の周りを 76 年の軌道で公転する 12P/ポンズ・ブルックス彗星は、短周期彗星、つまり公転周期が 20 年から 200 年の彗星です。 悪魔の彗星は 71 年の公転周期で移動し、最後に観測されたのは 1954 年です。

科学者らの推計によれば、サタン彗星の直径は少なくとも17キロメートル(10.5マイル)あるという。 アメリカ天文協会

アリゾナ州フラッグスタッフにあるローウェル天文台の博士研究員セオドア・カレッタ博士によると、彗星は周期的に爆発するため、より明るくなり、望遠鏡で見つけやすくなり、場合によっては「人々の裏庭からも見えるもの」になるという。 彼は以前ABCニュースに語った。

12P/ポンズ・ブルックスは、2023年7月に大爆発を起こし、突然100倍明るくなり、10月5日、11月1日、11月14日、12月14日、2023年1月18日にそれぞれ周期的な爆発を続けたという。 Space.com Web サイト

「この爆発は… [have] 「この天体は、大型の専門的な望遠鏡でしか見ることができないほど淡いものから、場合によっては人々が裏庭からも見えるものに変わりました」とカレッタ氏は語った。

「爆発や突然の明るさの増加、非常に強い彗星はそれほど多くなく、1つの軌道中に複数回発生する彗星も少ない。ポンス・ブルックスは…本当に活動しているようだ」と彼は続けた。

アリゾナ大学の元教授であり、遠方の望遠鏡を使用して12P/ポンズブルックスの画像を撮影したアマチュア天文学者であるエリオット・ハーマン博士は、今後数か月間この悪魔の彗星に注目するよう視聴者に勧めている。

「人類は歴史上、初めて自分自身の存在を認識し始めて以来、空を見上げてきました。そして、上空で起こる出来事に魅了されるのは、文明のはるか以前に遡ります」と彼は以前ABCニュースに語った。 「空での出来事は非常に歴史的な方法であらゆるものに影響を与えていると思います。宇宙は広い場所で、私たちの周りでたくさんの驚くべきことが起こっています。そこに出てそれを見て驚く価値があります。」

READ  月食: 今度のワームホールムーンを見る方法は次のとおりです