7月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASAの月計画ポータブルランチャーがテストのために発射台に戻る – Spaceflight Now

NASAの月計画ポータブルランチャーがテストのために発射台に戻る – Spaceflight Now

NASA の移動式発射装置は、車両組立棟近くの公園敷地から発射台 39B への旅を開始します。 画像: NASA。

3回のアルテミス月面ミッションのうちの最初のミッションをサポートする発射塔は、半年以上の修理とアップグレードを経て、水曜日に初めて稼働を再開した。

NASAの全長380フィートの可搬型発射装置(ML1)は、東部夏時間午前8時27分(協定世界時1227時)に車両組立棟(VAB)近くの駐車場から発射施設39Bに向けて飛行を開始した。 2022年11月のアルテミス1号ミッションの打ち上げ以来、タワーがプラットフォームに戻るのは今回が初めてだ。

最初の打ち上げ以来、この構造には一連の改良が加えられてきました。その中には、乗組員アクセスアームの認証や緊急脱出システムの設置などの一連の改良が加えられました。これは、宇宙飛行士やサポートクルーがロケットの近くから素早く避難できるようにするためのものです。緊急。

NASAはML1をクローラー輸送車両上部のプレートまでゆっくりと転がし、水曜日の終わりまでにゲートの外に車両を駐車する予定だ。 彼は坂道を上って、木曜日には継続中のタイムトライアルキャンペーンの前に安定した状態になるだろう。

ケネディ宇宙センターの探査地上システムチームは、乗組員、停止乗組員、サルベージチーム向けの打ち上げ当日のデモンストレーションなど、一連のテストを受ける予定だ。

十分な登録が完了した後、ML1 は 2 月に開始予定の車両スタッキングの準備のため、ボードから VAB に移動します。 NASAは2024年11月に有人ミッション「アルテミス2」の打ち上げを目指している。

READ  NASA は、月への最初のアルテミス ミッションの最中にオリオン宇宙船にシンボルを埋め込みます。