2月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASA のオリオンは、25 万マイル離れたところから地球と月を撮影しました

NASA のオリオンは、25 万マイル離れたところから地球と月を撮影しました

オリオン宇宙船 地面からの標準距離 素晴らしい写真のために作られたようです。 NASAは サブスクライバー 月曜日にアルテミス I 宇宙船によって撮影された画像は、背景に地球と月を示しています。 アポロやボイジャー1号の写真とよく似ています。」淡いブルードットこの写真は、人類の故郷を遠近法で示しています。私たちの世界は、はるかに大きな宇宙にある小さな惑星の 1 つにすぎません。

オリオンは、地球から 268,563 マイルの最も遠い距離でショットを撮りました。 これは、有人宇宙船が飛行した中で最も遠く、1970 年からのアポロ 13 号の 248,655 マイルの記録をも上回っています。飛行計画には、パチンコとして月が必要です。

アルステクニカ ノート この初期のアルテミス飛行は、これまでのところ NASA の予想を上回っています。 ミッションチームはこれまでのところ、124 の主な目的のうち 31 しか完了していませんが、拡張推進試験などの目的を追加しています。 残りの活動の約半分は進行中であり、残りは地球への帰還に大きく依存しています。

オリオン座は、12 月 11 日にサンディエゴ沖で雨が降ると予想されています。 扱ったアルテミスプログラム 多数の遅延現在、人類は月に着陸することは期待されていません 2025年または2026年まで. NASA は当初、2024 年の月面着陸を目指していました。しかし、現在のアルテミス I の性能は、宇宙機関の努力がついに実を結んだことを示しています。

Engadget が推奨するすべての製品は、親会社とは関係なく、当社の編集チームによって選択されています。 一部のストーリーにはアフィリエイト リンクが含まれています。 これらのリンクのいずれかから何かを購入すると、アフィリエイト コミッションが発生する場合があります。 すべての価格は、発行時のものです。

READ  火星に衝突したスペースロックが驚きを明らかにした