4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASA エンジニアがボイジャー 1 号をクリックしてメモリ ダンプを受け取る

NASA エンジニアがボイジャー 1 号をクリックしてメモリ ダンプを受け取る

何か月もの間、ボイジャー1号宇宙船が文字化けしたデータを送り返し始めたため、私たちは宇宙船に別れを告げなければならないのではないかという不安が高まってきました。 さて、驚くべき展開として、ボイジャー 1 号は、「ポーク」コマンドの後にフライト データ サブシステム (FDS) のメモリ読み取り値を送信しました。これにより、宇宙船の状態が懸念されていたよりも良好であるという期待が持てると同時に、技術者がメモリを調査できるようになりました。証拠として返却してください。 このデータは、FDS が正常に動作している場合に使用される形式で送信されませんが、それでも読み取ることができます。

この問題は以前はテレメトリー変調ユニット (TMU) にあると疑われていましたが、その後、FDS システム自体に関連していることが判明しました。 これは、NASA のエンジニアが寿命を延ばすために両方の宇宙船のファームウェアを更新した後に発生しましたが、これを考えられる原因と考えるのは時期尚早です。 現在、「ポーク」命令 (ファームウェアの一部が破損した場合にファームウェア内の異なるシーケンスを試すようにコンピュータに指示します) の結果、エンジニアは以前のダウンロードと比較して、FDS 問題の背後にある原因と考えられる可能性を見つけることができます。解決。

暗号化されたメモリのダウンロードのこのニュースに触発されて、ナディア ドレイク – フランク ドレイクの娘 – 彼はそれが自分にどのような影響を与えたかについて書いた 過去数十年にわたってボイジャーのミッションに携わった技術者だけでなく、2 台のボイジャー宇宙船に対する彼女自身の考えも語られました。 これらは彼女の父親や多くの同僚のことを常に思い出させるだけでなく、これらの宇宙船と通信できなくなった場合に続く沈黙は深いものになるでしょう。 しかし、この新たな希望は、この勇敢な小さな宇宙船に関する以前のニュースよりも優れています。

に感謝します [Mark Stevens] 機密情報を入手するため。


READ  NASAのボイジャー1号は、太陽系外から不思議なデータを送信します