6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NATOによる中国大使館爆撃25周年に習主席がセルビア訪問を開始

NATOによる中国大使館爆撃25周年に習主席がセルビア訪問を開始

セルビア・ベオグラード(AFP) 中国の指導者習近平氏 火曜日のヨーロッパの同盟国であるセルビアへの訪問は、NATOのコソボ航空戦争中にベオグラードの中国大使館爆破事件から25周年という象徴的な日を記念するものである。

1999年5月7日、アメリカ航空機がセルビアの首都にある中国大使館敷地内に爆弾5発を投下し、火災を引き起こし、中国人3名が死亡した。 この爆撃では他に20人が負傷し、それ以来両軍の関係は悪化している。

中国国営メディアが引用した翻訳によると、習主席はセルビアの新聞ポリティカが火曜日に掲載した論説で爆撃に言及し、「25年前、NATOがユーゴスラビアの中国大使館を図々しくも爆撃したことを忘れてはいけない」と述べた。

習主席は「中国国民は平和を大切にするが、歴史的悲劇が再び起こることは決して許さない」と付け加えた。

西側軍事連合は同年3月に空戦を開始し、当時のセルビア大統領スロボダン・ミロシェビッチにコソボのアルバニア系反政府勢力に対する残忍な攻撃をやめるよう強制した。

米国は当時謝罪し、大使館爆破は不完全な諜報情報によって引き起こされたミスだったと述べた。 米国政府は、意図された標的は数ブロック離れた同じ通りにあるセルビア国営武器輸出会社の本社だと述べた。

「たとえ偶然であっても、誰かが世界中のどこかでアメリカ大使館を襲撃したと想像してみてください。 ゲント大学とエグモント研究所で欧州外交・安全保障政策を専門とするスヴェン・ビスカップ教授は、反応は即座に現れるだろうと述べた。

「つまり、中国のような国にとって、これは明らかに大きな問題だ」と彼は付け加えた。 「そしてもちろん、それは忘れられていません。」

この爆撃が反米感情を煽り、攻撃が偶然ではなく意図的だったのではないかとの憶測が高まり、中国の怒った抗議活動参加者が米国の外交施設を襲撃した。 この事件に対する不信感は今も続いている。

「どちらにしても、おそらく最終的には分からないでしょう」とビスカップ氏は語った。 「しかし、一つだけ確かなことがある。戦争ではそのような事件が起こる。私は通常、複雑な理論を考え出すよりも、最も単純な説明を探す傾向がある。

大使館爆破事件は中国と米国の関係を緊張させた一方、中国とセルビアの関係を緊密化させた。 中国はセルビアにとって最大の対外直接投資提供国であり、欧州連合に次ぐ第2位の貿易相手国として浮上している。

中国政府はNATOの爆撃作戦に反対し、それ以来、旧セルビアの州であるコソボにおける西側支援の独立推進に立ち向かうベオグラードの取り組みを支持してきた。 対照的に、セルビアは中国政府の忠実な同盟国であり、正式にEU加盟を目指しているにもかかわらず、中国からの数十億ドルの投資に無条件で門戸を開いてきた。

習主席は「中国とセルビアの両国民の間に血で築かれた友情は両国国民の共通の記憶となり、両国が共に前進するよう促すだろう」と記した。 「私たちはセルビアの友人たちと協力して当初の願望に忠実であり続け、手を携えて前進し、国家の発展と活性化に新たな章を刻み、新時代における人類共通の未来を持つ中国・セルビア共同体を構築する所存です」 。」 」。

親中感情の兆候は、火曜日と水曜日の習主席の訪問を前に明らかに見られた。 ベオグラードでは、空港から市内に入る道路沿いの高層ビルに巨大な中国国旗が掲げられた。 市の中心部や高速道路沿いには、小さな中国とセルビアの国旗が掲げられていた。

セルビア空軍のMiG-29航空機が習主席の大統領専用機をベオグラード空港まで護衛した。

何かが到着しました フランスから 彼はその後、5年ぶりのヨーロッパツアーの一環としてハンガリーに旅行する予定だ。

首相は旧大使館跡地を訪れ、爆撃の犠牲者に哀悼の意を表明する予定だ。 かつて大使館があった場所には、現在中国文化センターが建っています。

この広大な複合施設には、孔子学院、工房、ギャラリー、オフィス、住宅スペース、ホテルが含まれると言われている。 これはセルビアやヨーロッパ全土で中国の影響力が増大していることの象徴とみなされている。

同研究所の近くでは、中国人の訪問者のグループが先週末、シンプルな黒大理石の記念碑の前で頭を下げ、1999年の爆撃の犠牲者に敬意を表して献花した。記念碑には中国語と英語で「殉教者に敬意を表し、平和を大切にせよ」と書かれていた。 」

___

ブリュッセル在住のAP通信記者シルヴァン・ブレイジーと台湾・台北在住のクリストファー・ボーダンがこの報告書に寄稿した。

READ  ロシア発表「クロッカスコンサートホール襲撃で容疑者逮捕、死者数は133人に増加」