4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NFLフリーエージェント:タイタンズがCBラジャリウス・スニードとトレード

NFLフリーエージェント:タイタンズがCBラジャリウス・スニードとトレード

デトロイト・ライオンズのファンがチームにトップレベルのコーナーバックの獲得を望んだ最も一般的な方法の1つは、彼とのトレードだった カンザスシティ・チーフス コーナーバックのラジャリウス・スニード – チーフスが売り出し中であることを明らかにした。 ライオンズがスニードに報酬を支払うという噂さえある。 もう無理だよ金曜日の夜遅くに テネシー・タイタンズ トレードでスニードを獲得することでチーフスと合意に達した。

ESPNのアダム・シェフター氏によると、 ジャイアンツは2025年の3巡目指名権をチーフスに送り、2024年の7巡目指名権をトレードする シニードの向かい。 さらに、ジャイアンツもそれに同意したと伝えられている 7,600万ドル(年間1,900万ドル)相当の4年間の契約延長で、なんと5,500万ドルが保証されている。

これらのトレード条件は、少なくとも2巡目指名権が少なくとも期待されていたため、フリーエージェント前のほとんどの予想よりも低いものとなっている。 さらに、年間平均1,900万ドルは、実際にはスニードのフランチャイズタグでの契約額(1年、1,980万ドル)よりも少ない。 しかし、4年契約で5,500万ドルが保証されているため、これはスニードにとって巨額の契約であり、現在NFL選手の中で年間平均6位にランクされているが、保証総額では1位(初期報道が正しければ)となっている。 比較のために、 シカゴ・ベアーズジェイロン・ジョンソンはこのオフシーズン、ほぼ同様の4年総額7,600万ドルの契約を結んだが、保証されているのは「たったの」4,380万ドルだ。

ライオンズに関しては、ランニングバックルームを徹底的に改革するために、より控えめな動きをとりました。 彼らは3巡目指名権を交換して、バッカニアーズのコーナーバック、カールトン・デイビスと2巡目後期指名権を獲得した。 トレード条件はスニードがタイタンズから受け取ったものと似ているが、ライオンズはデイビスとの1年1450万ドル契約のみを引き継いだだけで、その後2024年にキャップヒットを下げるために再編された。

この動きに加えて、ライオンズはフリーエージェントのアミク・ロバートソンと契約し、エマニュエル・モーズリーと再契約した。 しかし、家庭内でのバッテリー事件疑惑を受けてキャメロン・サットンが突然釈放されたため、ライオンズは依然として彼をバックルームに加えたいと考えているかもしれない。

READ  UFC 287 結果: ペレイラ vs アデサンヤ 2