6月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NFL第2ラウンドと第3ラウンドの勝者と敗者: リーダーは多忙で、QBはスポットライトから外れている

NFL第2ラウンドと第3ラウンドの勝者と敗者: リーダーは多忙で、QBはスポットライトから外れている

ドラフトは残り2ラウンドを控え、NFLチームはパズルのピースを組み立て続けている。

これらのピースのいくつかは非常に明確にフィットし、真の違いを生み出しているように見えます。 興味深いものもありますが、開発には時間がかかる可能性があります。

私たちは第2ラウンドと第3ラウンドの初見勝者と敗者の一部を分析し、土曜日に行われるドラフトの最後の4ラウンドに向けて状況を評価する。

勝者

守備的な選手 – 第 1 ラウンドのほとんどで注目されなかった守備的な選手が、金曜日の夜、第 2 ラウンドだけで 20 人の選手が出場し注目を集めました。 7人のディフェンスタックルと7人のコーナーバックが先導した。 ある時点で、第1ラウンドではほとんど見落とされていたコーナーバックが、アイオワ州のクーパー・デゲン(イーグルス)、アラバマ州のクールエイド・マッキンストリー(セインツ)、ジョージア州のカマリ・ラシター(テキサス)、マックス・ミルトン(カージナルス)らとしてボードから消えた。ラトガース。 順次に(選択 40 ~ 43)。

攻撃的なラインマン – 3ラウンドを通して、25人のオフェンスラインマンが名前を呼ばれた。 木曜日の夜に9人の指名が行われ、金曜日の夜にはさらに16人の指名が行われた。 このラインの25回の指名は、現代のドラフト時代において3巡目までで最多である。

ワシントンの指導者 – ジェイデン・ダニエルズをフランチャイズクォーターバックに選んだ翌日、チーフスは、多くの人が将来のスター選手をスカウトすると考えているミシガン州ニッケルバックのマイク・シンリステル(2巡目18位指名/全体50位)を含む、さらに5人を指名するなど活発な一日を過ごした。 ニック・セーバンは彼を「今回のドラフトで最高のフットボール選手」と呼んだ。 もう一つの注目すべき獲得選手は、ボルティモアのマーク・アンドリュースと比較されるカンザス州立大学のタイトエンド、ベン・シノット(2巡目21位指名/全体53位)だ。 ワシントンがドラフト48位でフレッド・デイビスを指名した2008年以来、初めてのタイトエンドとなった。どちらのポジションもワシントンの真のニーズを満たしており、シンリスティルとシノットには球団の真の要となるチャンスがある。 ワシントンの夜は、クリスチャン・マキャフリーの弟であるルーク・マキャフリーの有望なレシーバーの選択で終わった。

• 反対意見に同意する: リーダーは 2 日目に B プラスまたは D マイナスの評価を取得する必要がありますか?

バッファロー・ビルズ – トレードバックされ、第1ラウンドから完全に敗退した後、ビルズはついに本腰を入れ、フロリダ州立大学からキーオン・コールマンを指名することでワイドアウトでの助けを見つけた。 身長6フィート3、体重213ポンドのコールマンは大きなターゲットであり、チェーンを動かすことになるだろう。 ビルズはまだスピーディーなディープ脅威を追加する必要があるが、コールマンはジョシュ・アレンとバッファローにうまく機能するだろう。 そして、プレーメイク能力とリーダーシップスキルを備えたユタのセーフティ、コール・ビショップでもう一つの差し迫ったニーズを満たした。

アリゾナ・カージナルス – マービン・ハリソン・ジュニアというトップワイドレシーバーの一人と、ミズーリ州立大出身のダリアス・ロビンソンという有望なパスラッシャーを獲得したその夜、カージナルスは活動を続け、ミルトン(全体43位)のような選手でロスターの穴を埋めながら、さらに5指名権を獲得した。 )、フロリダ州立大のRBトレイ・ベンソン(66歳)、イリノイ州のガード、アイザイア・アダムス(71歳)、イリノイ州のタイトエンドのティップ・レイマン(82歳)、ボストン大学のCBイライジャ・ジョーンズ(90歳)。

ミシガン・ウルヴァリンズ -ナショナルチャンピオンズはこれまで素晴らしいプロジェクトを行ってきました。 全体10位のクォーターバックJJ・マッカーシーがバイキングスと対戦した翌日の夜、さらに6人のチームメイト――ディフェンスタックルのクリス・ジェンキンス(シンシナティ、全体49位)、ラインバッカーのセンリスティル(ワシントン、全体50位)、ラインバッカーのジュニア・コルソン(チャージャー、全体49位) 69位)、ランニングバックのブレーク・コラム(ラムズ、83位)、ワイドレシーバーのローマン・ウィルソン(スティーラーズ、84位)、ガードのザック・ジンター(ブラウンズ、85位)も祝うべき選手が多かった。


金曜日にドラフト1位で指名されたローマン・ウィルソンとミシガン大学のチームメイトであるブレイク・コラムはともに2位で指名された。 (写真:グレゴリー・シャモス/ゲッティイメージズ)

敗者

クォーターバック – 開幕夜の最初の12指名以内に6人が入ったドラフトを独占した後、金曜日の夜に彼の名前を呼ばれたクォーターバックは一人もいなかった。 サウスカロライナ州のスペンサー・ラトラーは、現在残っている最高のクォーターバックである。 一部のスカウトは、彼が最終的にこのリーグでスターターに成長する可能性があると信じている。 彼の待ち時間は第4ラウンドを超えて延長されるのだろうか?

T・ヒギンズ – ベンガルズのワイドレシーバーはフランチャイズタッグで2024年シーズンをプレーすることになるが、昨シーズンキャリアハイとなる8回のタッチダウンキャッチを記録し、平均レシーブあたり20.5ヤードを記録したジャーメイン・バートンをシンシナティが指名したため、今シーズン以降は消耗品となった可能性がある。

ラスベガス・レイダース – フランチャイズクォーターバックの必要性を満たす機会を無駄にした一夜後、レイダーズはメリーランド州のガード/タックルであるデルマー・グレイズを指名した。 身長6フィート4、体重315ポンドのグレイズは4巡目選手として予想されていたが、ルーキーレベルにステップアップするかどうかという疑問に直面していた。 さらに重要なのは、レイダーズにとって最も差し迫った守備的インパクトプレイヤーのニーズに応えていないことだ。

必読

(トップ画像: グレゴリー・シャモス/ゲッティイメージズ)

READ  オリオールズがメッツからジェームズ・マッキャンを獲得