6月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

OEG Renewables、日本で洋上風力発電サービスのパートナーを見つける

OEG Renewables、日本で洋上風力発電サービスのパートナーを見つける

OEGエナジー・グループの子会社であるOEGリニューアブルズ(OEGR)と双日マシナリー株式会社(SOMAC)は、洋上風力発電プロジェクトの建設前、運用・保守(O&M)および出荷サービスを提供する覚書(MoU)を締結した。 日本で。

OEGRとSOMACのパートナーシップは、日本の洋上風力発電市場をターゲットとする、洋上エネルギーソリューションを提供するOEGRの経験とSOMACの広範な社内能力およびリソースを組み合わせたものです。

SOMACは産業機械の総合商社として、国内外のお客様の発展を全力でサポートします。

「日本およびより広い地域の多くの産業分野で深い歴史と豊富な経験を持つSOMACと提携することにより、OEG Renewablesは、成長する日本の洋上風力発電分野における統合サービスの提供を成長および強化するための強力で信頼できる戦略的パートナーとなる」 。

同氏は、「OEGRは、地域の利害関係者に長期的な価値を確保するため、強力な地元チームへの投資に深くコミットし、洋上風力プロジェクト向けの専門的な海底、表側、海上、ケーブルサービスの最も経験豊富な世界的プロバイダーとしての地位を強化する」と述べた。 。 Kevin Wu 氏、地域ディレクター (OEG Renewables) A​​PAC。

「私たちは、洋上風力発電市場で幅広いサービスを提供する豊富な経験があり、OEMと風力発電開発者への統合ソリューションの提供で成功を収めているOEGRと協力して、日本の洋上風力発電市場の次の段階に着手しています。SOMACはサポートしていきます」特に産業施設や海洋市場における当社の長い歴史に基づいて、当社の日本のリソースと統合されたOEGRのサービスを提供します。」とゼネラルマネージャー(SOMAC)の森川貴裕氏は付け加えました。

日本は今後数年間で、2030年までに10GW、2040年までに35~40GWという純達成目標の一環として、浮体式洋上風力発電を含む既存の設備容量259.5MWに3.5GWを追加する計画だ。 2050年までにゼロエミッション。

READ  氏野球が選手にとって日本への旅になった経緯