9月 26, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

AMD RDNA 3 'Navi 31' MCM GPUs Allegedly Rock Up To 384 MB of Infinity Cache In 3D V-Cache Flavors

Radeon RX 7000 グラフィックス カードの AMD RDNA 3 GPU の詳細

テクノロジーポート アンギストロノミー これには、次世代の Radeon RX 7000 シリーズ グラフィックス カードに引き続き電力を供給する Navi 31、Navi 32、および Navi 33 チップなどの AMD RDNA 3 GPU の仕様に関して公開された非常に詳細なレポートが含まれています。

AMD Navi 31、Navi 32、Navi 33「RDNA 3」GPU、Radeon RX 7000 グラフィックス カードの詳細

Linuxパッチ内で以前に漏洩した情報 開いた 消費者部門にリリースされる少なくとも 4 つの RDNA 3 IP アドレスがあること。 これには、Navi 31、Navi 32、Navi 33、および APU の設計が含まれます。

GC IP バージョン GFXID AMDGPU_FAMILY (シーラカンスドリーム経由) 書く
11.0.0 gfx1100 (Navi31) AMDGPU_FAMILY_GC_11_0_0 (FAMILY_GFX1100) dGPU
11.0.1 gfx1103 AMDGPU_FAMILY_GC_11_0_2 (FAMILY_GFX1103) APU
11.0.2 gfx1102 (Navi32) AMDGPU_FAMILY_GC_11_0_0 (FAMILY_GFX1100) dGPU
11.0.3? gfx1101 (Navi33)? AMDGPU_FAMILY_GC_11_0_0 (FAMILY_GFX1100)? dGPU?

Angstronomics は現在、ダイ サイズ、GPU 構成、および最終的な小売製品になる可能性のある機能などの情報を報告しています。 Navi 3X GPU の構成が最初に 2019 年に策定され、2020 年に最終化されたことを明らかにする興味深い声明が技術アウトレットによってリリースされました。 GPUは、AMDが最終設計以降に変更を加えているか、またはそれらの噂が単に真実と一致していないことを意味します. ということで、Naviの3倍の「RDNA 3」GPUラインナップでどんな構成が期待できるのか見ていきましょう。

AMD RDNA 3 Navi 3x GPU の図は、可能なチップ構成を示しています。 (画像クレジット: Olrak_29)

AMD 確認済み その RDNA 3 GPU は今年後半に登場し、パフォーマンスが大幅に向上します。 同社のエンジニアリング担当シニア バイス プレジデントである Radeon Technologies Group の David Wang 氏は、次世代の Radeon RX 7000 シリーズ GPU は、現在の RDNA 2 GPU と比較して、ワット リフトあたり 50% 以上のパフォーマンスを提供すると述べています。 AMD が強調する RDNA 3 GPU の主な機能には、次のようなものがあります。

  • 5nmプロセスノード
  • 高度なチップレット パッケージング
  • 会計単位の見直し
  • 強化されたグラフィック パイプライン
  • 次世代の AMD Infinity キャッシュ
  • >50% のパフォーマンス/ワット vs RDNA 2

ゲーマーは、流動的な 4K ゲームがこれらのグラフィックス カードで信じられないほどスムーズになることを期待する必要があります。FidelityFX スイートが次世代の FSR、SAS、および SAM をサポートしているため、8K で最大 60fps のプレイが可能になる可能性があります。

AMD Navi 31「梅かつお」のGPU構成

フラグシップの RDNA 3 チップである AMD Navi 31 GPU は、Radeon RX 7900 XT グラフィックス カードのような次世代のエンスージアスト カードに電力を供給します。 AMD は、次世代の RDNA 3 GPU で WGP (ワーキング セット プロセッサ) を優先して CU (計算ユニット) をドロップすると聞いています. 各 WGP にはデュアル CU (計算ユニット) がありますが、SIMD32 アセンブリが 2 つあるのに対し、2 つしかありません。 RDNA 2 内の各 CU。AMD には、6nm ダイについて Samsung と TSMC のどちらかを選択するオプションがあるという噂があります。

  • AMD ナビ 31: 12288 コア、384 ビット バス、192MB 無限キャッシュ、308mm2 @5nm GPU
  • AMDナビ21: 5120 コア、384 ビット バス、128MB インフィニティ キャッシュ、520mm2 @7nm GPU

によると 最新情報RDNA 3 アーキテクチャを搭載した AMD Navi 31 GPU は、48 個の WGP、12 個の SA、および 6 個の SE を備えた単一の GCD を提供する予定です。 これにより、合計 12288 個の SP またはストリーム ハンドラが得られます。 これは、Navi 21 GPU にある 5120 SP と比較して、2.4 倍のコア数です。 GPUまたはNavi 31 GCDの寸法は308mmと言われています2 TSMC 独自の 5nm プロセス ノードにパッケージ化されます。

Navi 31 GPU は、ダイごとに 16MB のインフィニティ キャッシュを持つ 6 つの MCD と、チップに 384 ビットのバス インターフェイスを提供する 64 ビット (32 ビット x 2) のメモリ コントローラーも搭載します。 これは、現在の Navi 21 GPU に見られる 128MB から減少したインフィニティ キャッシュからの 96MB に相当しますが、作業中の 3D ソリューションもあります。 最近言及された これにより、32MB のインフィニティ キャッシュ (16MB 0-hi + 16MB 1-hi) が 2 倍になり、合計 192MB のキャッシュになります。 これは、現在の Navi 21 デザインよりも 50% 増加しており、Navi 31 は、マイクロチップと 3D スタック デザインを備えた最初のグラフィックス プロセッシング ユニット (GPU) にもなります。 これらのチップまたは MCD は、6nm 37.5mm TSMC プロセス ノードで製造されます。2 全て。

移植は、288MB 以上の MCD パッケージ (16MB 0-Hi + 16MB 1-Hi + 16MB 2-Hi) が計画されていると報告しましたが、これはコストと収益の理由でキャンセルされました。 また、Navi 31 GPU の短縮版についても言及されています。これには、42 個の WGP または 10752 コアと、320 ビット バス インターフェイスを介した 80MB インフィニティ キャッシュ用の 5 個の MCD があります。

現在、これにより消費電力が高くなり、AMD のように見えます。 確認済み これは、彼らの次世代グラフィックスのラインナップがより高い電力消費を特徴とする点にまで達していますが、それでも NVIDIA が提供するものよりも効率的なオプションです. AMD Radeon RX 6950 XT はすでに 335W の TBP を備えているため、パフォーマンスが 2 倍向上します。 カードは、電源用にデュアル 8 ピン プラグ入力を保持し、現在使用されているカードよりもわずかに長いトリプル ファン冷却設計を備えていると予想されます。

AMD Navi 32「小麦ナス」のGPU構成

AMD Navi 32 GPU コードネーム “Wheat Nas” は、RDNA 3 ファミリーに搭載されている 2 つの MCM GPU の 1 つでもあり、GPU には 1 つの GCD (Graphics Compute Templates) と 4 つの MCD (Multi-Cache Template) テンポラリーが含まれます。 GPUまたはGCDは200mmと言われています2 各 MCD は 37.5mm で同じサイズを維持しますが、2.

  • AMD ナビ 32: 7680 コア、256 ビット バス、64MB インフィニティ キャッシュ、200mm2 @5nm GPU
  • AMD ナビ 22: 2560 コア、192 ビット バス、96MB 無限キャッシュ、335mm2 GPU ダイ @7nm

GCD には 3 つのシェーダー エンジンが搭載され、各シェーダー エンジンには 6 つのシェーダー アレイ (合計 18) が含まれます。 GPU には、合計 30 個の WGP または 60 個のコンピューティング ユニットが含まれ、合計 7,680 コアになります。 これにより、主力製品である Navi 31 よりも最大 50% 多いコアが得られます。

各 MCD には、2 つのメモリ接続リンク (32 ビット) も必要です。 これは、256 ビット バス インターフェイス用の合計 8 つの 32 ビット メモリ コントローラです。 各 MCD は 16MB の 0-Hi を保持しますが、チップが 64MB の最大構成しか持たないことを意味する 1-Hi バリアントはないようです。 Navi 32 GPU は 2023 年に発売される予定で、モバイル向けの最上位チップであり、デスクトップ コンピューター向けの中間層のチップになると言われています。 GPU はモバイル セグメントで最初に発売され、CES 2023 で発表される可能性があります。それまでに、Zen 4 コアを搭載した Phoenix Range および Dragon Range ラップトップが用意されるため、これは完全に理にかなっています。

AMD Navi 32 “Hotpink Bonefish” GPU 構成

「Hotpink Bonefish」というコードネームの AMD Navi 33 GPU は、単一セグメントの RDNA 3 ファミリを開始します.GPU には単一のダイがあります。 金型はフラグシップの Navi 21 GPU と非常によく似ており、203mm のダイ サイズで製造するために 6nm プロセス ノードを使用すると予想されます。2.

  • AMD ナビ 33: 4096 コア、128 ビット バス、32MB 無限キャッシュ、335mm 2 GPU ダイ @6nm
  • AMD ナビ 23: 2048 コア、128 ビット バス、32MB インフィニティ キャッシュ、237mm 2 GPU ダイ @7nm

Navi 33 GCD には 2 つのシェーダー エンジンがあり、各シェーダー エンジンには 2 つのシェーダー アレイ (SE あたり 2/合計 4) があると予想されます。 これにより、Radeon RX 6800「Navi 21 XL」GPU よりも高い、合計 4,096 コアの 16 WGP または 32 コンピューティング ユニットに切り上げられます。 GPU には、Navi 23 GPU と同じサイズの 32 MB のインフィニティ キャッシュが搭載され、128 ビット バスに接続されます。 Navi 32 GPU と同じように、Navi 33 チップセットは、初期のグラフィックス パフォーマンスを備えたモバイル ファミリに最初に焦点を当て、Intel Arc Alchemist のラインナップよりも半分以下のコストで、同時に消費電力を抑えます。

このポートでは、次のような Radeon RX 7000 シリーズ グラフィックス カード用の AMD RDNA 3 Navi 3x GPU に導入される 2 つの新機能についても説明しています。

RDNA 3 グラフィックス パイプラインの機能の 1 つに OREO があります。これは不透明なランダム エクスポート コマンドであり、多くの省スペース技術の 1 つにすぎません。 gfx10 では、出力がパイプラインの残りの部分に順番に移動する前に再配置バッファーに移動するため、ピクセル シェーダーは順不同で動作します。 OREO を使用すると、次のステップ (マッシュアップ) は、任意の順序で操作を受け取り、実行し、その順序で次のステージにエクスポートできるようになりました。 したがって、ROB をはるかに小さいスライディング バッファに置き換えることができ、スペースを節約できます。

メモリ接続キャッシュ ブロック (MALL) のサイズが半分になり、同じキャッシュ量のバンク数が 2 倍になります。 また、MALL 帯域幅のグラフィックスを増加させ、VRAM に終了する際のペナルティを軽減する変更と追加もあります。

アングロノミクス経由

Nav 3x GPU に基づく AMD Radeon RX 7000 シリーズ「RDNA 3」GPU は、今年後半に発売される予定で、Navi 31 フラグシップが最初に発売され、その後に Navi 32 および Navi 33 GPU が発売されると伝えられています。

AMD RDNA 3 Navi 3X GPU 構成 (初期)

GPU 名 ナビ21 ナビ33 ナビ32 ナビ31 ナビ3X
GPU操作 7nm 6nm 5nm / 6nm 5nm / 6nm 5nm / 6nm
GPU パッケージ 同族体 同族体 MCM (1 GCD + 4 MCD) MCM (1 GCD + 6 MCD) 百万立方メートル (TBC)
GPU テンプレート サイズ 520mm2 ~400mm2 440mm2 630mm2 後日発表予定
シェーダー エンジン 4 2 4 6 8
GPU WGP 40 16-20 40-32 60-48 64
WGPあたりのSP 128 256 256 256 256
計算単位 (テンプレートごと) 80 40-32 160~128(合計) 240~192(合計) 128 (GPU あたり)
256 (合計)
コア (ダイあたり) 5120 5120-4096 10240-8192 15360-12288 8192
コア (合計) 5120 5120-4096 10240-8192 15360-12288 16384
メモリーバス 256ビット 128ビット 256ビット 384ビット 384ビット×2?
メモリータイプ GDDR6 GDDR6 GDDR6 GDDR6 GDDR6
記憶容量 最大16GB 最大8GB 最大16GB 最大24GB 最大32GB
メモリ速度 16~18Gbps 後日発表予定 後日発表予定 20Gbps 後日発表予定
メモリ帯域幅 512~576 GB/秒 後日発表予定 後日発表予定 960GB/秒 後日発表予定
無限キャッシュ 128メガバイト 128メガバイト 256メガバイト 384メガバイト 後日発表予定
フラッグシップ SKU Radeon RX 6900 XTX Radeon RX 7600 XT? Radeon RX 7800 XT?
Radeon RX 7700 XT?
Radeon RX 7900 XT? ラデオン プロ
TBP 330W 〜200ワット 〜300ワット 〜400ワット 後日発表予定
リリース 2020 年第 4 四半期 2022 年第 4 四半期? 2022 年第 4 四半期? 2022 年第 4 四半期? 2023年?

どの次世代 AMD Radeon RX 7000 グラフィックス カードが最も気になりますか?

この記事で紹介した製品

READ  Elden Ring Modding Magicは、ボスが互いに戦うことができることを意味します