4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Remedy Entertainmentが505 GamesからControlシリーズの権利を1,700万ユーロで購入

Remedy Entertainmentが505 GamesからControlシリーズの権利を1,700万ユーロで購入

『アラン ウェイク』の開発元である Remedy Entertainment は、『Control』シリーズの全権利をパブリッシャー 505 Games から 1,700 万ユーロで取得したと発表しました。

のように 詳細は投資家向け発表で Remedy の Web サイトでは、著作権、販売権、マーケティング権を含む権利取得は、2019 年の三人称視点のスーパーナチュラル シューターの最初のゲーム、近日発売予定の Control 2、コードネーム Condor と名付けられたマルチプレイヤー スピンオフを含む Control シリーズ全体を対象としています。シリーズの将来のすべてのタイトル。

Remedy と 505 Games for Control 2 および Condor とのパブリッシング契約は直ちに終了し、505 は移行期間が終了する今年 12 月 31 日まで引き続き Control のパブリッシャーとしての役割を果たします。


アルティメット エディションのトレーラーをマスターする

Control は 2019 年にリリースされ、その後いくつかの DLC 拡張がリリースされました。

Remedyの買収発表では、Controlの権利として確保した約1700万ユーロは「505 GamesがコードネームCondorとControl 2の開発にこれまでに少額のプレミアムを含めて支払った金額に等しい」と記されている。 純購入価格は、今後 12 か月にわたって 3 回の現金分割払いで支払われます。

もちろん、今日の発表は歴史の一部が繰り返されているように感じます。 2019年に遡り、Remedyはマイクロソフトと『アラン ウェイク』の権利を250万ユーロで取得することで合意に達したことを明らかにした。この動きにより、これまでXbox独占だったクラシック作品はリマスター版の扱いを受ける前に他のプラットフォームに移行し、昨年、待望の続編。

Control 2 と Project Condor については、2022 年 11 月に発表されました。しかし、Control 2 はまだ「概念実証」段階にあることが昨年 10 月に確認されたため、発表はまだ先になる可能性があります。 Condor は、Remedy の Max Payne バージョン 1 および 2 と同様に、「実稼働準備が進んでいます」。

READ  任天堂はスプラトゥーン3の新しい音楽トラックを共有しています