6月 20, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

SFHA の無料語学クラスは、コミュニティメンバーの日本での経験を豊かにします記事

SFHA の無料語学クラスは、コミュニティメンバーの日本での経験を豊かにします記事







8月10日、坂上原住宅地区図書館での日本語の授業中に、ボランティア講師の渥美有紀さん(左)が生徒のシャントレハ・ラネトラ・フダックさんにメニューの注文方法を教える。 無料のクラスは初心者向けですが、あらゆるレベルの日本語経験者を対象としています。
(写真提供:工藤典子)

原文を見る

日本、坂見原市住宅地 — ここで毎月開催されている無料の日本語クラスの主催者は、参加者から、学んだフレーズがホスト国をより良く探索するのに役立ったという肯定的なフィードバックを得ていると述べています。

坂見原市住宅地区の図書館技術者である野口照代さんは、この授業を受講した後、学生たちがより自信を持ち、日本文化に飛び込みたいと思うようになるのを誇りに思うと語った。

「自分の語学力によって、自分が何をしたいのか、どこに行きたいのかを決めてはいけない」と野口さんは言う。 「いくつかのフレーズを学ぶと、より快適に移動できるようになります。」

このクラスは毎月第 2 火曜日と第 4 火曜日の午前 10 時から 11 時まで SFHA 図書館で開催され、最大 10 名まで参加できます。 初心者向けですが、あらゆるレベルの日本語経験者を対象としています。

リード講師の渥美有紀先生に、学びたい単語やフレーズを気軽に質問できるのが常連の受講者から好評です。

渥美さんはボランティアのインストラクターで、アメリカ人の配偶者から英語を学ぶために施設に25年以上通い続けており、その間に10人以上の先生に教えてもらいました。

約10年前のある日、彼女の教師の一人が、地域住民に日本語を教えることに興味があるかどうか尋ねました。 彼女は、別の言語を学習したのと同じ素晴らしい経験をしたかったのです。

渥美氏は、生徒が授業で学んだ単語やフレーズを会話や状況の中で使用できれば、教える経験はやりがいがあると語った。

「この機会にチャンスを感じています [to teach] キャンプ・ジャマは私にとってコミュニティへの恩返しです」と彼は語った。

3月から参加しているクリスティーン・ブミさんは、現地の言語を学ぶ授業を受けるのは初めてだと語った。 彼女はこれまで日本で学んだことを日常生活に応用できることに興奮しています。

インストラクターとしての渥美さんは熱心で精力的で、自分の仕事に情熱を持っているとブーミ氏は語った。 これまでのところ、ブーミさんは、レストランで食べ物を注文したり、道を尋ねたり、会計時にレジ係が尋ねるさまざまな質問を理解したりするのに役立つ単語やフレーズを学びました。

「このクラスは私が日本をうまくナビゲートするのに役立っただけでなく、海外にいる間に地元の女の子を指導する機会も得ました」とブーミさんは言いました。

ブーミさんはこのクラスを強く勧めており、日本語を学ぶことで家族や地元の人々と交流しながらここでの生活をより楽しめるようになったと話しています。




SFHA の無料語学クラスがコミュニティメンバーの日本での経験を強化



8月10日、坂上原住宅地区図書館での日本語の授業で、ボランティア講師の渥美由紀さん(左)が生徒のクリスティーン・ブミさんにメニューの注文方法を教える。 無料のクラスは初心者向けですが、あらゆるレベルの日本語経験者を対象としています。
(写真提供:工藤典子)

原文を見る

2月に来日したShanDreaha “Shay” LaNedtra Hudakさんは、他の日本語クラスも受講しているが、渥美先生は生徒が遭遇する可能性のある実際のシナリオに基づいたフレーズを教え、会話の役割を果たしてくれるので、このクラスが最高だと語った。 学生。

「最初は怖く見えましたが、ユキのおかげで自信を持ってコミュニケーションできるように準備してもらいました」 [other] ここの人々です」とラネドトラ・フダックさんは語った。

生徒は自己紹介や道を尋ねるなどの一般的な便利なフレーズを学び、自分の名前などを書くことができるひらがなとカタカナの読み書きを学びます。

「正直に言って、このクラスは私にとってとても役に立ちました」とラネドトラ・フダックさんは言いました。 「いくつかの単語、フレーズ、文章を知っていれば、大いに役立ちます。」

LaNedtra Hudak さんは、最初にクラスに参加し始めたときは緊張していましたが、今では、例えば外食の際に夫が彼女に食べ物を注文しているのを見て、会場を離れてレストランに行くことに自信が持てるようになったと述べました。 。

「レベルに関係なく、学びたい人にはこのコースをお勧めします」と彼は言いました。 「新しい人たちと出会い、人間関係を築くことができます。それは素晴らしい経験です。」

クラスは 6 つのセッションで構成され、セッションは毎年 1 月、5 月、9 月に始まります。 次のセッションは 9 月 12 日に始まり、SFHA 図書館での対面クラスの登録は今月初めに開始されました。

READ  日本のポップカルチャーの中心地、秋葉原の VR ツアー