5月 18, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Snapchatの2番目のハードウェア製品はドローンあたり230ドルです

Snapchatの2番目のハードウェア製品はドローンあたり230ドルです

Snapchatは、Pixyと呼ばれる限定版の自撮り飛行ドローンをリリースしました。

明らかに Snapchatサイト、いくつかの事前設定されたオプションにより、フッテージが記録された後、ドローンが手に着陸する前に、ドローンを追跡したり、周囲を一周したり、単に所定の位置に浮いたりすることができます。

Pixyを介して記録されたものはすべて、Snapchat Memoriesに自動的に送信され、必要に応じてさらに編集できるようになります。

ドローンは在庫がなくなり次第終了し、米国とフランスでのみご利用いただけるため、長期的にはご利用いただけないようです。 Snapchatはまた、Pixyを購入する前に、ドローンを規制するために地域の法律を確認するよう警告しています。

これは、Snapchatが11年の歴史の中で立ち上げた2番目のハードウェアです。 ソーシャルメディア会社は以前、2016年にSpectaclesと呼ばれる公式のスマートサングラスをリリースしました。

Glassesは最大10秒のスナップを記録でき、Pixyと同様に、投稿、送信、または編集のためにそれらのスナップをSnapchatメモリーに直接送信します。

Spectaclesのリリースも、ハードウェア固有の手順というよりも企業での経験のように見えるという点でPixyに似ていました。

CEOのEvanSpiegelは当時、Snapchatは「人々の生活に合うかどうかを確認するのは私たちの責任である」ため、「公開にゆっくりとしたアプローチ」をとると述べました。

Ryan Dinsdaleは、IGNのフリーランス翻訳者であり、@thelastdinsdaleのツイートをときどき覚えています。 彼は一日中ウィッチャーについて話します。

READ  オーバーウォッチ2クローズドベータ版は4月26日からPCでのみ開始されます