6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

SpaceX、5月に14回目のブースター飛行を使用して14号機のファルコン9ロケットを打ち上げ – Spaceflight Now

SpaceX、5月に14回目のブースター飛行を使用して14号機のファルコン9ロケットを打ち上げ – Spaceflight Now

ファルコン 9 ロケットは、スターリンク 6-64 ミッションでケープカナベラル宇宙軍基地のパッド 40 から打ち上げられました。 これは、5月に行われたファルコン9ロケットの14回目の打ち上げであった。 画像: 宇宙飛行の様子

EDT午後9時30分更新:SpaceXは「回収資産が最終位置に到達できるようにするため」、T-0の打ち上げ時間を打ち上げ期間の終わりまで延期した。

スペースXは金曜日近くに別のファルコン9ロケットの打ち上げを完了し、打ち上げペースを上げ続けている。 このミッションはスペースXの今月14回目の打ち上げとなり、業界の打ち上げ記録を更新した。

この成果は、今週初めに欧州宇宙機関のEarthCARE衛星を軌道に送り込むためにSpaceX社が13号機のFalcon 9ロケットを打ち上げたときに打ち立てた記録に加わるものである。 この最新のミッションであるスターリンク 6-64 は、東部夏時間午後 10 時 37 分 (協定世界時 2 時 37 分) にケープカナベラル宇宙軍基地から打ち上げられました。

このミッションの第 1 段階ブースターである尾翼番号 B1076 は、SpaceX 艦隊に 14 回目の打ち上げとなりました。 これまでに、SpaceXの国際宇宙ステーションへの商用補給サービス26号(CRS-26)ドラゴン飛行、Intelsat 40e衛星に搭載されたNASAのTEMPOペイロード、およびStarlink衛星の7バッチなどのミッションを打ち上げてきた。

打ち上げからわずか 8 分強で、B1076 は「重力の不足」と呼ばれる SpaceX の無人機に着陸しました。 ASOGにとっては73回目の着陸、SpaceXにとっては315回目のブースター着陸となった。

この記録破りの打ち上げは、SpaceXにとって画期的な週末の終わりに行われる。 5月25日は、ドラゴン宇宙船が国際宇宙ステーションにドッキングした最初の民間宇宙船になってから12周年を迎えた。 5月30日は、2011年のスペースシャトル退役後、有人宇宙飛行がアメリカ本土に戻ってきたことを記念する、デモ2ミッションの打ち上げから4周年を迎えた。

SpaceX は、夏の間にさらに 2 つの有人ミッション、Polaris Dawn と Crew-9 の準備を進めています。

READ  革新的な天文学を使用して土星を周回する 62 個の新月を発見