2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

SUVがハンドルを握る中、Mazda6が日本で生産終了

SUVがハンドルを握る中、Mazda6が日本で生産終了

マツダは、発売から12年を経た4月に日本向けマツダ6の生産を終了する。

    SUVがハンドルを握る中、Mazda6が日本で生産終了

マツダは、日本市場向け『Mazda6』の生産を2024年4月中旬に終了すると発表した。 これは、2021年の北米での販売終了に続き、この人気セダンが主要市場から徐々に姿を消していく物語の新たな章となる。 つい去年のイギリス。

自動車メーカーは、セダンとワゴンを廃止するという決定について最小限の情報しか提供していないが、実を言うと、その耐久性のあるデザインにもかかわらず、長くなりつつある。 現行モデルは3代目で、2012年のデビューから10年以上が経過した。

中型モデルのルーツは、日本ではアデンザとして知られる初代モデルが初めて導入された2002年に遡ります。 マツダの国内販売担当役員、藤堂和義氏によると、このセダンはブランドのDNAを体現しており、マツダの「Zoom-Zoom」精神を最もよく象徴するものであったという。

プロモーション スクロールで続行

    SUVがハンドルを握る中、Mazda6が日本で生産終了

藤堂氏は「アテンザとマツダ6の継続販売は長年にわたり多くのお客様にご愛顧いただき、国内累計販売台数は22万6,437台となった」と述べた。 「クロスオーバーCXシリーズがその役割を担い、現代に溶け込む魅力的なドライビングエクスペリエンスをお客様に提供し続けます。」

関連記事:マツダ、新型スポーツカー「RX RX」の動力源となるロータリーエンジングループを構築 ホッブズ

ドードー氏のコメントが示唆するように、マツダはSUVとクロスオーバーの製造により重点を置いている。 これらのハイライダー車は自動車業界の主要な勢力であり、購入者の間で人気があり、高い価格で販売できるため自動車メーカーに高い利益をもたらします。

日本市場向けのMazda6は4月に生産が終了しますが、顧客は生産が終了する前でも新型モデルを注文することができます。 マツダモデルの直接の後継モデルを生産する正式な計画はないが、噂によると、後輪駆動セダンが開発中であり、そのプラットフォームは同社の大型SUVに使用されているプラ​​ットフォームに基づいているという。

READ  日本の猿の女王は彼女の支配への挑戦に直面しています:交配期