4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

UFCと原告、集団訴訟で3億3500万ドルの和解に達する

UFCと原告、集団訴訟で3億3500万ドルの和解に達する

UFCの親会社であるTKOホールディングスは、格闘家らが報酬向上を求めて起こした2件の独占禁止法集団訴訟で3億3500万ドルの和解に達した。

SECは水曜日、和解案は3月13日に合意され、ネバダ州連邦地方裁判所で4月15日に裁判が開始される1か月強前に合意されたと発表した。

原告らは訴訟の中で、UFCは反競争的慣行を利用して選手の賃金を抑制し、競合する昇進を抑制する違法な独占企業であると主張した。 訴訟の1件には1,200人以上が参加しており、2010年12月16日から2017年6月30日まで、および2017年7月1日から2021年までアルティメット・ファイティング・チャンピオンシップに出場したファイターが関与している。原告は当初、以下のことを求めていた。 16億ドル。 損害賠償で。

「両訴訟で主張されたすべての請求を解決する合意に達したことを嬉しく思います」 [Cung] もしそして [Kajan] ジョンソンの集団訴訟は訴訟を終結させ、すべての関係者に利益をもたらす」とUFCの広報担当者はESPNへの声明で述べた。 「和解の最終条件は承認を得るために裁判所に提出される。」

検察もXに関する声明を発表し、その一部には「和解に満足しており、45日から60日以内に裁判所に提出する際に詳細を明らかにする」と記されている。

READ  ウォリアーズは、ステフィン・カリーのカムバックが迫っている状態で、5-0 で終了します。