6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

USMNTがコパ・アメリカに向けたトレーニングキャンプのリストを発表

USMNTがコパ・アメリカに向けたトレーニングキャンプのリストを発表

コパ・アメリカに先立つアメリカ男子代表チームのトレーニングキャンプ名簿には、2022年ワールドカップのベテランが揃っており、夏のトーナメントや2022年ワールドカップを含む今シーズンに高い期待を寄せているグループの継続性と実質を思い出させる。 2026年ワールドカップは2年後にあります。

リストには、クリスチャン・プリシッチ、ウェストン・マッケニー、タイラー・アダムス、ジオ・レイナ、ティム・ウェアなど、2年前にカタールで開催されたトーナメントに出場した18人の選手が含まれている。

グレッグ・バーハルターも、特にゴールキーパーのショーン・ジョンソンと右サイドバックのシャック・ムーアといった層の厚い選手の経験を選択した。 このことは、今夏のオリンピック大会が、左ウイングのケビン・パレデス、ゴールキーパーのパトリック・シュルテ、右サイドバックのブライアン・レイノルズなど、このアメリカチームの末端にいる若手選手の名簿に影響を与えた可能性が高いことを示唆している。 ムーアは、セルジニオ・デストが数週間前にPSVアイントホーフェンとのトレーニング中に前十字靱帯断裂を負ったため、実質的にはその空席となったロスタースポットに入る。

5月29日の練習初日の時点で、名簿の平均年齢は25歳202日となる。


ベルハルターはカタールでチームを続けることを選択した(ダニエル・パルヒズカラン-USA TODAY Sports)

興味深いことに、ベルハルター監督はこの27人チームにリカルド・ペペ、フォラリン・バログン、そしてワールドカップのベテランであるジョシュ・サージェントとハジ・ライトという4人のストライカーも含めていた。 ライトのウインガーとしてのプレー能力が、4選手全員を起用する能力に影響を与えた可能性がある。

コパ・アメリカの名簿には26選手しか含めることができないため、6月8日のコロンビアとの親善試合、6月12日のブラジルとの2試合から1選手は夏季大会のメンバーには入らないことになる。 最終メンバーはブラジル親善試合終了後に発表される予定だ。

これらの親善試合は米国にとって大きな試練となるだろう。 アメリカは、プログラム史上最長の連勝記録を残しているブラジル (11 試合) とコロンビア (7 試合) の 2 チームと対戦します。

マリクとティミー・ティルマンスが6月の親善試合に出場すれば、USMNTで同じ試合に出場する9組目の兄弟となり、1988年6月14日のコスタリカ戦のケインとスティーブ・スノー以来となる。ティミーは昨年1月のスロベニア戦でデビューを果たし、USMNTに出場する10組目の兄弟となる。

USMNTトレーニングキャンプのリスト

ゴールキーパー (3): イーサン・ホーバス(カーディフ・シティ)、ショーン・ジョンソン(トロント)、マット・ターナー(ノッティンガム・フォレスト)。

ディフェンダー (9): キャメロン・カーター=ヴィッカーズ(セルティック)、クリストファー・ランド(パレルモ)、マーク・マッケンジー(ヘンク)、シャック・ムーア(ナッシュビル)、ティム・リーム(フラム)、クリス・リチャーズ(クリスタル・パレス)、アントニー・ロビンソン(フラム)、マイルズ・ロビンソン(FC) 。 シンシナティ)、ジョー・スカリー(ボルシア・メンヒェングラードバッハ)

ミッドフィールダー (8): タイラー・アダムス(ボーンマス)、ジョニー・カルドーソ(レアル・ベティス)、ルカ・デ・ラ・トーレ(セルタ・ビーゴ)、ウェストン・マッケニー(ユベントス)、ユネス・ムサ(ミラン)、ジオ・レイナ(ノッティンガム・フォレスト)、マリク・ティルマン(PSV)、ティミー。 ティルマン (LAFC)

ストライカーズ (7): ブレンデン・アーロンソン(ウニオン・ベルリン)、フォラリン・バログン(モナコ)、リカルド・ペペ(PSVアイントホーフェン)、クリスチャン・プリシッチ(ミラン)、ジョシュ・サージェント(ノリッジ・シティ)、ティム・ウェア(ユベントス)、ハギ・ライト(コベントリー・シティ)。

(トップ画像: Matthew Visinski/Ikon Sportswire、Getty Images)

READ  シーホークスの最後、ベイカーメイフィールド